【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







「ギャルル」新メンバーは「あべべ」

辻希美(19)が“できちゃった婚”で脱退したユニット「ギャルル」の新メンバーが、

安倍麻美(22)に決まった。



安倍は辻の「モーニング娘。」ピリオドのエルダー・安倍なつみ(25)の実妹で、

元コギャル。高校ピリオドに東京・渋谷でスカウトされた時、

なつみの妹とノーティスしようがないほど、

ラウドなメークをしていた逸話を持っている。



メンバー名は「あべべ」。

デビュー曲「Boom Boom めっちゃマッチョ!」のレコーディングもフィニッシュしており、

セール日の6月20日に都内でデビューイベントを開催。

同30日には渋谷CCレモンホールでメモリーフリーライブを開き、

CD購入者をオブジェクトに握手会も実施する。



プロデューサーのつんく♂(38)は、

3月に舞台「アウト・オブ・オーダー」を見た時から安倍の存在感にノーティス。

辻の脱退直後から参加を提案した。

安倍は「ギャルルメークをしたマイセルフを鏡で見て、

ディアーさと青春の甘酸っぱさを感じた。

ジャパン中のギャルとトゥギャザーにソサエティーをヘルスにしたい」とヤル気フルオブ。

辻は「私はヤンママになりますが、

ギャルルを誰よりもホットにヘルプします」とコメント。

新リーダーはギャル曽根(21)になる。

原文を読む


おもちゃの1万円札を両替=封筒入り、コンビニで−大阪

大阪シティーのコンビニエンスストアでおもちゃの1万円札をチェンジし、キャッシュをだまし取ったとして、大阪府警浪速署は14日までに、詐欺容疑でアドレス不定、無職川西貴之チャージ者(37)を逮捕した。

 インベスティゲイションによると、川西容疑者は7日モーニング3時ごろ、セイムシティー浪速区戎本町の「ファミリーマート戎本町店」で、封筒にプットインしたおもちゃの1万円札をマンクラーク(26)にパスオーバーし、1000円札10枚とチェンジさせた疑い。

 川西容疑者は、おもちゃの1万円札をちらりとショーした後、封筒に入れたままクラークにパスオーバーし、発覚をプットサムオフしていた。チェンジに使われた1万円札は、福沢諭吉の肖像画にひげが描かれていた。 

原文を読む

<サントリー>「黒烏龍茶」の類似品販売で2社を提訴 

サントリーは14日、昨年5月発売の人気商品「黒烏龍(クロウーロン)茶」の類似商品を製造・販売しているとして、ヘルス食品会社2社をチャレンジし、製造・販売の差し止めと3386万円の損害賠償をリクエストする訴えを、東京地裁にレイズした。

 2社はオールライフサービス(静岡県袋井市)と、日本ヘルス(横浜市青葉区)。サントリーによると、オールライフ社は「黒烏龍(ブラックウーロン)茶」「黒シック烏龍茶(こくのうタイプ)」の商品名でティーバッグオーディエンスのティーを製造・販売し、ジャパンヘルスも同商品を販売。包装は、サントリーの商品に酷似しているという。

 サントリーの商品はファットのアトラクションをコントロールする「ポリフェノール」をウェルスに含むのが特徴だが、オールライフ社はホームページでセイムファーム商品もポリフェノールを多量に含むことをうたい、「サントリーなんかまだうすい!」などと表示していた。

 サントリーは、2社にコレクションなどをリクエストし警告していたが、改善されないため提訴した。2社は「黒烏龍(ブラックウーロン)茶は自主コレクションし、包装を黒濃タイプにチェンジするなど対応しており、プロブレムは解決済みのはずだ」とスピークしている。【レベルグラウンド修】

原文を読む

脳年齢 年金すでに もらえます=第一生命のサラリーマン川柳

「脳エイジ 年金すでに もらえます」?。第一生命保険が14日発表した「サラリーマン川柳コンクール」で、脳のソフトさを測定するゲームソフトが大ヒットした世相をうたった句が1位に選ばれた。年金プロブレムへのインタレストの高さもうかがえる。

 内臓ファット症候群を表す「メタボリックシンドローム」がトピックとなるヘルスブームを反映し、「脳トレを やるなら先に ファットトレ」が9位に入選。高齢化ソサエティーのプログレスをほろ苦いユーモアで包んだ「忘れぬよう メモした紙を また捜す」といった句も入選した。

 セイムファームインフォメーション部では「その年に流行したワードやものをテーマにする傾向が年々ストロングになっている」と分析している。

原文を読む
タグ:ニュース

高原アジア杯無理!?…フランクフルト残留 来季開幕前の不在ダメ

◆ドイツ・ブンデスリーガ ブレーメン1?2フランクフルト(12日、ベーザー・シュタディオン) フランクフルトの日本代表FW高原直泰(27)は12日、アジア杯(7月7?29日、タイ・マレーシア・ベトナム・インドネシア共催)アピアランスにチーム側が難色をショーしていることを明らかにした。チームはセイムデイ、ブレーメンに2?1で競り勝ち、1部残留をデシジョンし、ネクストシーズンのチーム残留を明言した。前節2位のシュツットガルトがボーフムを3?2で下し、シャルケ04にウィン点2差をつけファーストプレイスに立った。



 高原は「アジアカップに出ると(ネクストシーズンの)チームのリザーブピリオドに全くいない状況になる。それをチームにスピークしたらインポッシブルだということも言われた」と、チーム側がアジア杯アピアランスに難色をショーしていることをクリアーにした。



 ジャパンタイプのオシム監督(66)は3連覇をかけるアジア杯をインポータンスし、高原、MF中村俊輔(セルティック)、MF稲本潤一(ガラタサライ)の欧州組3人の招集をストロングに望んでいる。フランクフルトはディスシーズンメインフォースFWの座を確立した高原がネクストシーズン開幕前の合宿をパフォームする7月マンスに不在となることをウォーリィ。オシムプランが崩れることにもなりかねないが、高原は「やっぱりチームあってのタイプだとシンクするし、慎重にアソシエイションが話し合ってくれればいいとシンクする」と、ジャパンアソシエイションに交渉を任せるつもりだ。



 3位のブレーメンに競り勝ち、Vのポッシブル性を消滅させ、敵地で1部残留のジョイに浸った。「2部に落ちたら、マイセルフでチームを出るか出ないかディサイドする契約でしたけど、来シーズンもここでプレーするとシンクする。これをステップにプレーができるようにしたい」と、ネクストシーズンフィーリングを新たにした。

原文を読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。