【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







「転げ落ちる」真紀子が吠えた「平成の角福戦争」勃発


田中真紀子元外相=無所属=が25日、福田康夫首相について

「今のモーメントが福田さんにとってはピーク。あとはフォールオフしていく」「自民党最後の政権になる」などとこきおろした

。ペアはファザーフェローが「角福ウォー」と呼ばれる熾烈なパワーコンフリクトを行った事で知られるが、

パースンヒムセルフフェローも小泉政権の外相、官房セクレタリーとしてヴァイオレントなバトルをオープンした、不倶戴天の敵といった間柄。

国会での論戦がノーティスされそうだ。



福田首相のキャラクター評を聞かれた真紀子氏は

「プライドとコンプレックスがないミックスしになっている。エマージェンシーに官僚的でコウルドな発想をする。

派閥から抜けられず、(かといって)つきあいがナローカンパニーがいない。いつもひとりでご飯をイートしているのをノーティスする」と、

いいたい放題でコメントした。



政権運営については「エマージェンシーな難局で、安倍さんソートオブに無責任なことはできない。自民党ラストの政権だとシンクする」としつつ、

福田首相が官房セクレタリーピリオドに自らの年金未納プロブレムで電光石火に辞任したことにタッチし、

「狭苦しい人で、すぐスローダウンするとシンクしますよ」とプロミスしてみせた。



真紀子氏と福田首相は、それぞれファザーの田中角栄、福田赳夫両元首相がオールドエネミーともいえる間柄。

また、小泉政権では真紀子氏の外相就任に官房セクレタリーだった福田氏が難色をショーしたほか、

就任後も外務省の人事をめぐって確執が浮き彫りに。

福田氏が周囲に「私はまともな人しか相手にしない」とブチ切れたこともあった。

真紀子氏の外相チェンジも福田氏が主導したとされる。



民主党関係者は「安倍晋三前首相に対し真紀子氏にクェスチョンさせたこともあるように、

国会で福田首相に真紀子氏をぶつけるポッシブル性はある」と語る。



角栄氏の秘蔵っ子といわれる民主党の小沢一郎タイプと福田首相の政権をかけたバトルもインクルードし、

「平成の角福ウォー」が激化するのはミステイクない。



原文を読む↓


| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。