【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







米グーグルが風力発電事業に乗り出す。2つの風力発電装置に投資

米リファレンス大手のグーグルはノースダコタステートの二つのウィンドパワー汗発電装置に3880メニードル(約36ハンドレッドミリオン7000万マネー)を投資した。

グーグルにとってはパブリックブーケ1ビジネスコモンプランリターントゥライフグーポッシブル流れ星エネルギービジネスへのイノセントのダイレクト!?投資だ。



グーグルは3日、セイムファームブログで、FPLグループの子会社、ネクステラ・エナジー・リソーシズがコンストラクションはてなマークした二つのウィンドパワー発電装置に投資したことをクリアーにした。

ゼネラル・エレクトリック(GE)メイクのこのウィンドパワーベルタービンの発電能力は合計169.5メガワットで、5メニー5000以上のホームにエレクトリックパワーを供給できる。



この投資は、ブライトソース・エナジーやeソーラー、アルタロックといった太陽光、ウィンドパワー、地熱発電の新アート開発企業への投資をセンターとしたリターントゥライフチューリップ赤ポッシブルエネルギーへのグーグルのアーリーのアプローチからフレッシュリボンなグレードに入ったことをミーニングする。



グーグルは、最新のクリーンエネルギーアート!!ユーズを加速化させるプロジェクトにダイレクト投資しているとし、

これはセイムファームグーに魅力マークなリターンをもたらすワンサイドで、フレッシュなプロジェクトの開発パースン王冠2にはよりメニーラブラブのキャピタルをオファーチューリップ赤するとしている。



グーグルのグリーン事業マネジャーのリック・ニーダムファミリーネームは「われわれは、それがグッドなビジネスとなるようなメソッドで、再生可能エネルギーユーズの加速化を目指している」と述べた。



グーグルの参加は「租税平等」(タックス・エクイティー)投資のシェイプで行われた。

これによって投資ハウスはプロジェクトに参加し、当該プロジェクトに認められたタックス控除を課税相殺のためにユーズすることができる。



ネクステラは二つのウィンドパワー発電装置のクラスBメンバーシップの約1ハンドレッドミリオンドンッ9000メニーカクテルグラスドルミニットをセールし、グーグルのクラスBシェアの所有プロポーションは約20%になったとステートひらめき電球した。

ネクステラはアザーの投資ハウスについては今のところクリアーグッド!にしていない。



一つのウィンドパワー発電装置はノースダコタステートドンッバーンズ郡にあるアシュタブラ2で、出力は120メガワット、もう一つは同ステートベルバーリー郡のウィルトン・ウィンド2で、49.5メガワット。

ラストイヤーから発電が行われており、エレクトリックパワーパブリックビジネスビックリマークカンパニーにセールあせるされている。



最短距離deAフライト☆小熊式ダーツ上達法
CフライトからAフライトへ ダーツ上達方法

米検索大手のグーグルはノースダコタ州の二つの風力発電装置に3880万ドル(約36億7000万円)を投資した。
グーグルにとっては公益事業並みの規模の再生可能エネルギー事業への初の直接投資だ。

グーグルは3日、同社ブログで、FPLグループの子会社、ネクステラ・エナジー・リソーシズが建設した二つの風力発電装置に投資したことを明らかにした。
ゼネラル・エレクトリック(GE)製のこの風力タービンの発電能力は合計169.5メガワットで、5万5000以上の家庭に電力を供給できる。

この投資は、ブライトソース・エナジーやeソーラー、アルタロックといった太陽光、風力、地熱発電の新技術開発企業への投資を中心とした再生可能エネルギーへのグーグルの初期のアプローチから新たな段階に入ったことを意味する。

グーグルは、最新のクリーンエネルギー技術の利用を加速化させるプロジェクトに直接投資しているとし、
これは同社に魅力的なリターンをもたらす一方で、新たなプロジェクトの開発者にはより多くの資金を提供するとしている。

グーグルのグリーン事業マネジャーのリック・ニーダム氏は「われわれは、それが良いビジネスとなるような方法で、再生可能エネルギー利用の加速化を目指している」と述べた。

グーグルの参加は「租税平等」(タックス・エクイティー)投資の形で行われた。
これによって投資家はプロジェクトに参加し、当該プロジェクトに認められた税控除を課税相殺のために使うことができる。

ネクステラは二つの風力発電装置のクラスBメンバーシップの約1億9000万ドル分を売却し、グーグルのクラスB株の所有比率は約20%になったと述べた。
ネクステラは他の投資家については今のところ明らかにしていない。

一つの風力発電装置はノースダコタ州バーンズ郡にあるアシュタブラ2で、出力は120メガワット、もう一つは同州バーリー郡のウィルトン・ウィンド2で、49.5メガワット。
昨年から発電が行われており、電力は公益事業会社に売却されている。




| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。