【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







2010年スペインGP 優勝はウェーバー、可夢偉12位で5戦目にして今期初完走

2010イヤーF1第5戦スペインGPが5マンス9デイオブマンス(日)、カタルーニャ・サーキット(1周/4.655km、5マンス!?9デイオブマンス決勝66周/307.104km)で3日アイ旗を迎え、アクチュアルプレイスひらめき電球タイム14アワー(日本タイム21時)から決勝が行われた。



デイビフォーブーケ1に行われたプライマリーでは、マーク・ウェバー(レッドブル)がポールを獲得、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が2番手になり、レッドブルがフロントローを独占。

3カウントのルイス・ハミルトン(マクラーレン)に対してはワンダーマークドキドキディッファレンスをつけており、ライバルからはレッドブルの圧倒的なヴィクトリーを予想するコメントもアピアーしている。



レーススタートアワービックリマークのウェザーはクリアーアウェイラーメンし、気温20℃、路面温度は35℃。ホーストコンピューター音譜フォースビックリマークは大きな混乱なくスタート。レッドブルが1-2オーダーのままオールライトに周回をアッドする展開に。

1回アイのピットストップでは、ピットアウトアワーに周回遅れのクルマがいたこともエフェクトし、ハミルトンがベッテルの前にアピアーした。



レースミドル、接近したバトルはあるものの、カタルーニャ・サーキットはドローアウトしにくいコース特性ということもあり、コースオーバーグーではなかなか順位が変わらない。

レースファイナルステージにはベッテルがコースオフし、その直後にピットへゲットイン音譜しタイヤを交換。これでベッテルは4カウントに後退し、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が3カウントに浮上してきた。



ベッテルはブレーキにトラブルがあるようで、ビッグにスローダウンしたが、ハミルトンが3コーナーでコースアウト。

グラベルにクルマをストップしたため、アロンソが2カウントヒヨコ、ベッテルが3カウントに浮上。アフターオール、ポールからスタートしたウェバーがポール・トゥー・ウィンを達成。母国レースのアロンソと、トラブルに見舞われたベッテルがヴィクトリースタンドクラッカーを獲得した。



4プレイス雷から10プレイスまでのリザルトはオーダーのとおり。



4プレイスミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)、5プレイス旗ジェンソン・バトン(マクラーレン)、6プレイスフェリペ・マッサ(フェラーリ)、

7プレイスエイドリアン・スーティル(フォース・インディア)、8プレイスビックリマークロバート・クビサ(ルノー)、9プレイスルーベンス・バリチェロ(ウィリアムズ)、10プレイスプレゼントハイメ・アルグエルスアリ(トロ・ロッソ)。





開幕からアクシデントやトラブルでレースらしいレースが出来にいたザウバーの小林可ドリームグレートは、プライマリーベル10カウントからスタートするも、スタート直後にロバート・クビサ(ルノー)にヒットされ後退。

しかしながら、やっとプレゼントターム5ウォーアイにして12プレイス!!イノセントの完走をキャリーアウトした。

ポイント獲得とはならなかったが、フリー走行からプライマリー王冠1・決勝にいたるまで、ビフォーウォーまでとは違ったシャインするパフォーマンスをショーした。

今後に大いにホープ!?をポピュラーするミーニングでも、大きなミーニングをホールド爆弾する完走といえるだろう。



CフライトからAフライトへ ダーツ上達方法
小熊恒久式=本当に正しいダーツ上達法




2010年F1第5戦スペインGPが5月9日(日)、カタルーニャ・サーキット(1周/4.655km、5月9日決勝66周/307.104km)で3日目を迎え、現地時間14時(日本時間21時)から決勝が行われた。

前日に行われた予選では、マーク・ウェバー(レッドブル)がポールを獲得、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が2番手になり、レッドブルがフロントローを独占。
3番手のルイス・ハミルトン(マクラーレン)に対しては驚異的な差をつけており、ライバルからはレッドブルの圧倒的な勝利を予想するコメントも出ている。

レース開始時の天候は晴れ、気温20℃、路面温度は35℃。上位勢は大きな混乱なくスタート。レッドブルが1-2体制のまま順調に周回を重ねる展開に。
1回目のピットストップでは、ピットアウト時に周回遅れのクルマがいたことも影響し、ハミルトンがベッテルの前に出た。

レース中盤、接近したバトルはあるものの、カタルーニャ・サーキットは抜きにくいコース特性ということもあり、コース上ではなかなか順位が変わらない。
レース終盤にはベッテルがコースオフし、その直後にピットへ入りタイヤを交換。これでベッテルは4番手に後退し、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が3番手に浮上してきた。

ベッテルはブレーキにトラブルがあるようで、大きくスローダウンしたが、ハミルトンが3コーナーでコースアウト。
グラベルにクルマを止めたため、アロンソが2番手、ベッテルが3番手に浮上。結局、ポールからスタートしたウェバーがポール・トゥー・ウィンを達成。母国レースのアロンソと、トラブルに見舞われたベッテルが表彰台を獲得した。

4位から10位までの結果は次のとおり。

4位ミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)、5位ジェンソン・バトン(マクラーレン)、6位フェリペ・マッサ(フェラーリ)、
7位エイドリアン・スーティル(フォース・インディア)、8位ロバート・クビサ(ルノー)、9位ルーベンス・バリチェロ(ウィリアムズ)、10位ハイメ・アルグエルスアリ(トロ・ロッソ)。


開幕からアクシデントやトラブルでレースらしいレースが出来にいたザウバーの小林可夢偉は、予選10番手からスタートするも、スタート直後にロバート・クビサ(ルノー)にヒットされ後退。
しかしながら、やっと今期5戦目にして12位で初の完走を果たした。
ポイント獲得とはならなかったが、フリー走行から予選・決勝にいたるまで、前戦までとは違った光るパフォーマンスを見せた。
今後に大いに期待を持てる意味でも、大きな意味を持つ完走といえるだろう。





| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。