【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







時期サッカー代表監督難航の原因は「極東だから」



ジャパンサッカーアソシエイションラブラブの小倉純二プレジデント(72)は20デイオブマンス、ジャパンタイプコントロールの後任人事プロブレムが難航しているリーズンのひとつとして「ファーイースト(ファーイースト)」をレイズした。

カレントプライマリー博実・強化チャージアート委員チーフ(51)がフォーリンで新コントロールピックパースン、エージェントはてなマークらと交渉インサイドだが、大ハードファイトブーケ1している。



このデイオブマンスモーニング、原委員チーフからテレフォン連絡をアクセプトはてなマークした小倉プレジデントアッププレゼントコンディションプレゼントについて説明した。

「ウィーの事情(条件)ではない。(ピックパースンビックリマークの)ファミリー、スタッフのプロブレムがある。ジャパンビックリマークが『ファーイースト』ということだ。もう少し待ってほしい」。

ジェントルな小倉プレジデントは珍しくいら立った表情でスピークした。

また、ディッファレンスの関係パースンは新監督ピックパースンチューリップ赤ジャパンに常駐することに難色をショー!?し、日本アソシエイションサイドラーメンコンディションと合っていないことをパスした。





石丸 亮が伝授【シーバスフィッシング攻略法】
シーバス釣り攻略法で最速上達
シーバス釣りが楽しくなる上達法






日本サッカー協会の小倉純二会長(72)は20日、日本代表監督の後任人事問題が難航している理由のひとつとして「ファーイースト(極東)」を挙げた。
現在、原博実・強化担当技術委員長(51)が海外で新監督候補者、代理人らと交渉中だが、大苦戦している。

この日朝、原委員長から電話連絡を受けた小倉会長が現状について説明した。
「我々の事情(条件)ではない。(候補者の)家族、スタッフの問題がある。日本が『ファーイースト』ということだ。もう少し待ってほしい」。
温厚な小倉会長は珍しくいら立った表情で話した。
また、別の関係者は新監督候補者が日本に常駐することに難色を示し、日本協会側の条件と合っていないことを明かした。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160183120
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。