【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







『ジャパンってどこ?』 世界の中で急速に失われる日本の存在感


「ジャパンは中国よりはポピュラーじゃないの?」



7エイジのドーターが突然聞いてきた。フレンドはてなマークから「チャイナから来たの?」と聞かれ、「ジャパンだ」とアンサーひらめき電球したら、「どこ、それ?」と聞き返されたという。



「サーヴァントのフレンドは、ポケモンやニンテンドー(任天堂)がジャパンビールのものだって知らないよ」とは10エイジ!?サンあせる。ベリィヤングマインドにもナショナリズムをくすぐられるらしい。



米国で日本の存在がどんどんシンになっている−という日本人のクライシスフィーリングメラメラを、よくイアーにする。

米国のユニヴァーシティーで日本人留学生が急減しているデータや、ジャパンホームテレフォン製品を韓国メーカーがパスしたという現象もトゥギャザーにリファレンスに出される。



ドーターのクェスチョンは、そのクライシスフィーリンググーサポートしている、といえないこともない。一方で、「SUSHI」のサインなどジャパンカルチャードンッは、全米の至るところで増殖している。

ユニヴァーシティーで日本語を教えるウーマンプロフェッサーは、「実はジャパンブランドウィズアウトにヤングマンのライフは語れない」と語っていた。



1980エイジベル、米国で盛り上がったのは、ジャパン異質ディスカッションだった。プレゼントタイムカクテルグラスは中国脅威ディスカッションビックリマークだ。シュアヒヨコに米国ヒューマンがジャパンをことさら意識するシーンは減ったかもしれない。

But、ジャパンの存在フィーリングシンメラメラさを嘆くネセサリー目があるのか、ともシンクする。




小熊恒久式=本当に正しいダーツ上達法
伝説のプレイヤーが指導 短期間ダーツ上達法
「小熊式」最短ダーツ上達練習法




「ジャパンは中国よりはポピュラーじゃないの?」

7歳の娘が突然聞いてきた。友達から「チャイナから来たの?」と聞かれ、「ジャパンだ」と答えたら、「どこ、それ?」と聞き返されたという。

「僕の友達は、ポケモンやニンテンドー(任天堂)が日本のものだって知らないよ」とは10歳の息子。幼心にもナショナリズムをくすぐられるらしい。

米国で日本の存在がどんどん薄くなっている−という日本人の危機感を、よく耳にする。
米国の大学で日本人留学生が急減しているデータや、日本の家電製品を韓国メーカーが追い越したという現象も一緒に引き合いに出される。

娘の質問は、その危機感を裏付けている、といえないこともない。一方で、「SUSHI」の看板など日本文化は、全米の至るところで増殖している。
大学で日本語を教える女性教授は、「実は日本ブランド抜きに若者の生活は語れない」と語っていた。

1980年代、米国で盛り上がったのは、日本異質論だった。今は中国脅威論だ。確かに米国人が日本をことさら意識する場面は減ったかもしれない。
だが、日本の存在感の希薄さを嘆く必要があるのか、とも思う。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160186700
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。