【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







櫻井翔がゴルバチョフ氏と「貧困」「核軍縮」をテーマに30分の激論を展開


ポピュラーユニット「ストーム!!」の櫻井翔(28)がこのほど、旧ソ連のゴルバチョフ元大統領(79)とロシア・モスクワで初ミーティングはてなマークした。

日テレシステムリボン「24時間テレビ33 ラブ桜アースをレスキューフロムする」(28〜29デイオブマンス放送)のプランで、ビジネス格差からプロデュースする貧困や核軍縮などについて意見をターンアサイドした。

この1イヤー、「ワールドピースロケットへの祈り」をテーマに様々なイーチパースンを取材をコンティニューしてきた櫻井のアクションを、ゴルバチョフファミリーネームハイプレイズした。



櫻井キャスターが“超インポータントパースン”のインタビューを実現した。米ソコウルドウォーをエンドさせ、ノーベルピース賞を受賞したゴルバチョフファミリーネームグッド!だ。



取材は猛暑のロシア・モスクワで行われた。櫻井がロシアランゲージでワンセルフ紹介すると、ゴルバチョフ氏はいきなり事前に用意された資料をペイ王冠2しのけた。

戸惑う櫻井に「テレビはウィズアウトチューリップ赤にしてユーオピニオン晴れヒアグッド!したいんだ」。本音で語り合おう―というパーパス表示だった。



トークは30ミニット以上行われた。ビジネス格差からプロデュースする貧困や核軍縮、今後のピースアクションあせるなどトピックは多岐にわたり、オピニオンビックリマークをターンアサイドした。

「あなたのようなしっかりした若者と会えてよかった。マイセルフのことだけでなく、アザーのヒューマンビックリマークのペインについてシンクアバウトすることができ、ヘルプグッド!したいとシンクメラメラするイーチパースンがさらに増えることを願っています」とゴルバチョフファミリーネーム。

櫻井のワールド旗ピースに対する考え方や、その姿勢をハイプレイズした。



ハード流れ星な握手をターンアサイド!!してパートフロムした櫻井は「小学生のタイム、ニュースでウォッチしていたパースンプレゼントに実際にミートベルしすることができてエマージェンシー!?にグローリーでした」と、興奮ビカムクールベルしやらぬステートで振り返った。



日テレシステム「NEWS ZERO」のキャスターをサーブ晴れする櫻井は、ラストイヤー8月から「ワールドピースベルへの祈り」をテーマに沖縄や長崎、広島などをヴィジットし、取材を続けてきた。

そして、ディスタイム汗の24タイムテレビでは「ストーム・櫻井翔が緊急リポート! ワールドの貧困と格差社会の現実〜マンホールでリブする人々とは〜」と題して、

ロシアをはじめ、ドイツで「ベルリンのウォールブーケ1」のプレゼントタイムラブラブを取材。さらにルーマニア・ブカレストで経済格差による貧困のトゥルースをリポートする。



「東西コウルドウォーをフィニッシュし20イヤーたった今、ワールド雷にどのようなチェンジがゲットアップしているのか。オポジットショアのファイヤーチューリップ赤とも思えない状況から、ジャパンのプレゼントタイムをシンクアバウトするきっかけをリポートしできたら」と櫻井。

このパターン雷は29日に放送(ワンパートエリアをリムーブする)される。




受かりたい会社にどこでも受かるための就活手法
就職氷河期に第一志望内定するための就活マニュアル
就職活動第一志望最短内定獲得マニュアル






人気ユニット「嵐」の櫻井翔(28)がこのほど、旧ソ連のゴルバチョフ元大統領(79)とロシア・モスクワで初対面した。
日テレ系「24時間テレビ33 愛は地球を救う」(28〜29日放送)の企画で、経済格差から生じる貧困や核軍縮などについて意見を交わした。
この1年、「世界平和への祈り」をテーマに様々な人々を取材を続けてきた櫻井の活動を、ゴルバチョフ氏は絶賛した。

櫻井キャスターが“超大物”のインタビューを実現した。米ソ冷戦を終結させ、ノーベル平和賞を受賞したゴルバチョフ氏だ。

取材は猛暑のロシア・モスクワで行われた。櫻井がロシア語で自己紹介すると、ゴルバチョフ氏はいきなり事前に用意された資料を払いのけた。
戸惑う櫻井に「テレビは抜きにして君の意見を聞きたいんだ」。本音で語り合おう―という意思表示だった。

対談は30分以上行われた。経済格差から生じる貧困や核軍縮、今後の平和活動など話題は多岐にわたり、意見を交わした。
「あなたのようなしっかりした若者と会えてよかった。自分のことだけでなく、他の人の苦しみについて考えることができ、助けたいと思う人々がさらに増えることを願っています」とゴルバチョフ氏。
櫻井の世界平和に対する考え方や、その姿勢を絶賛した。

固い握手を交わして別れた櫻井は「小学生の頃、ニュースで見ていた方に実際にお会いすることができて非常に光栄でした」と、興奮冷めやらぬ様子で振り返った。

日テレ系「NEWS ZERO」のキャスターを務める櫻井は、昨年8月から「世界平和への祈り」をテーマに沖縄や長崎、広島などを訪ね、取材を続けてきた。
そして、今回の24時間テレビでは「嵐・櫻井翔が緊急リポート! 世界の貧困と格差社会の現実〜マンホールで暮らす人々とは〜」と題して、
ロシアをはじめ、ドイツで「ベルリンの壁」の今を取材。さらにルーマニア・ブカレストで経済格差による貧困の実態をリポートする。

「東西冷戦を終え20年たった今、世界にどのような変化が起きているのか。対岸の火事とも思えない状況から、日本の今を考えるきっかけをお伝えできたら」と櫻井。
この模様は29日に放送(一部地域を除く)される。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160186938
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。