【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







新垣結衣、観客の「ハナミズキ」大合唱に感激し思わず涙。


ジェントル!!・新垣結衣の主演ムービー『ハナミズキ〜君とラブブーケ1ヒューマンハンドレッドヒヨコイヤー続きますように』の初日ステージ音譜あいさつが21日、都内で行われ、新垣をはじめ共演の生田斗トゥルース、向井リーズンが登壇した。

あいさつエンドジャストビフォーには、オーディエンスがオールアットワンスにハナミズキのパネルをホールドし、同作のモチーフとなったシンガードキドキ・一青窈の「ハナミズキ」を大合唱するというサプライズがあり、

新垣はアイティアーラブラブをためながら「チェストピンサムダウンしてないとこみあげてきちゃって…。ありがとうございます」とディープフィーリング

「撮影インサイド爆弾もいろんなプリティーシーンをショーしてもらったんですが、プレゼントタイムあせるがいちばんプリティーかも」とサンクスの気持ちを語った。



同作は、東京、北海道、ニューヨーク、カナダをステージに、すれ違いながらもイーチアザーグッド!シンクする一クラスの男女の十フィギュアアップイヤーをドローするラブストーリー。

撮影ビフォーからフィッシングボートラーメンにボードしウォー作りにレットパス音譜した生田は「サーヴァントバイワンセルフも今後インポータントにしていきたいワークになりましたので、皆さんもどうか、この“ハナミズキ“を愛してください」とあいさつ。

向井も、オーディエンスからのサプライズディレクションを受け「サッチステージあいさつは初めてのエクスペリエンスなんですけど、ここに立っていることはハピネスなんだなとシンクします」と語った。



劇インサイドにはメニービックリマークの名セリフがアピアーリボンしてくることから、イベント中盤には生田と向井から新垣へセリフがプレゼントされた。

なぜか向井のセリフである「結婚しよう」を真剣な表情でリポートした生田だったが、周りからは「ディッファレント!?します!」と総ツッコミ。

アフターザット、改めてヘッドハウスである向井からの“プロポーズ”をアクセプトすると、新垣は「ありがとう!」と満足げな表情をのぞかせた。



ステージあいさつにはほかに土井裕泰監督も出席し、ともにディフィカルティ!?な撮影をクライムオーバーした3ヒューマン!?に花束を贈呈。

新垣へ「メインキャラクタービックリマークセイムドンッように、結衣ダディー!?もこのムービー晴れで成長したんじゃないかなと。その成長を見られてハピネスでした」と、まるでファザー!?のようなウォームなコメントを送ったのに対し、

生田へは「ラブシーンがメニーにて、嫉妬しました」と茶目っ気あふれるワードでラフを誘った。




行政書士試験 初学者で残業サラリーマンでも、わずか147日で一発合格!
行政書士試験短期一発合格の秘訣を伝授
働きながらでも短期間で行政書士試験に受かる方法





新垣結衣の主演映画『ハナミズキ〜君と好きな人が百年続きますように』の初日舞台あいさつが21日、都内で行われ、新垣をはじめ共演の生田斗真、向井理が登壇した。
あいさつ終了間際には、観客が一斉にハナミズキのパネルを持ち、同作のモチーフとなった歌手・一青窈の「ハナミズキ」を大合唱するというサプライズがあり、
新垣は目に涙をためながら「胸押さえてないとこみあげてきちゃって…。ありがとうございます」と感無量。
「撮影中もいろんな綺麗な景色を見せてもらったんですが、今がいちばん綺麗かも」と感謝の気持ちを語った。

同作は、東京、北海道、ニューヨーク、カナダを舞台に、すれ違いながらもお互いを思う一組の男女の十数年間を描くラブストーリー。
撮影前から漁船に乗り込み役作りに徹した生田は「僕自身も今後大事にしていきたい作品になりましたので、皆さんもどうか、この“ハナミズキ“を愛してください」とあいさつ。
向井も、観客からのサプライズ演出を受け「こんな舞台あいさつは初めての経験なんですけど、ここに立っていることは幸せなんだなと思います」と語った。

劇中には数々の名セリフが出てくることから、イベント中盤には生田と向井から新垣へセリフがプレゼントされた。
なぜか向井のセリフである「結婚しよう」を真剣な表情で伝えた生田だったが、周りからは「違います!」と総ツッコミ。
その後、改めて本家である向井からの“プロポーズ”を受けると、新垣は「ありがとう!」と満足げな表情をのぞかせた。

舞台あいさつにはほかに土井裕泰監督も出席し、ともに困難な撮影を乗り越えた3人に花束を贈呈。
新垣へ「主人公と同じように、結衣ちゃんもこの映画で成長したんじゃないかなと。その成長を見られて幸せでした」と、まるで父親のような温かいコメントを送ったのに対し、
生田へは「ラブシーンが多くて、嫉妬しました」と茶目っ気あふれる言葉で笑いを誘った。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160187165
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。