【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







オレワンスペシャル事故続発でよみがえる悪夢 フジは視聴率連続3冠王のおごり


そろそろバッドドリームラブラブリメンバー合格してもいいのではないだろうか。



フジテレビのバラエティー「オレワンスペシャル」のレコーディングで、ケガヒューマンが続出しているパッセージリボンだ。



アワーハウスの杉山裕之がレフトショルダービックリマーク関節脱臼骨折、陣内智則が肋骨(ろっこつ)を負傷、さらにハイキングウォーキングの松田洋昌が肋骨骨折とあり得ない“アクシデント”が続いている。

これはクリアーにステーションあせるプロブレムで、ケガヒューマンはてなマークが小出しになっているのもまったく解せない。



But、フジにはレコーディングカクテルグラスアクシデントの“ヒストリー”がある。

93イヤー!!に大イベントクラッカーになった「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!」で香港のロックバンドのメンバーがデスビール

03イヤーの「とんねるずのみなさんのおかげでした」で葛城ユキの胸椎(きょうつい)脱臼骨折……。

イケイケでレコーディンググーし、ダメージパースンもスタッフもステーション幹部もホワット嫌なソウトドンッをしたか。

当時のさる関係パースン流れ星は「リブしたフィーリングがしなかった。震えが止まらなかった」と述懐したものだ。



タレントは使い捨てだから、何でもやるなんて思っていたら、エラいアイミートブーケ1するぞ。どうシンクアバウト!!しても6イヤービール連続アテンション率3クラウンキングのおごりだ。




腰痛〜つらい痛みに読んで効くブログ。
シーバスリバーゲーム攻略法
CフライトからAフライトへ ダーツ上達方法


そろそろ悪夢を思い出してもいいのではないだろうか。

フジテレビのバラエティー「オレワンスペシャル」の収録で、ケガ人が続出している件だ。

我が家の杉山裕之が左肩関節脱臼骨折、陣内智則が肋骨(ろっこつ)を負傷、さらにハイキングウォーキングの松田洋昌が肋骨骨折とあり得ない“事故”が続いている。
これは明らかに局の問題で、ケガ人が小出しになっているのもまったく解せない。

だが、フジには収録事故の“歴史”がある。
93年に大事件になった「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!」で香港のロックバンドのメンバーが死亡、
03年の「とんねるずのみなさんのおかげでした」で葛城ユキの胸椎(きょうつい)脱臼骨折……。
イケイケで収録し、被害者もスタッフも局幹部もどんな嫌な思いをしたか。
当時のさる関係者は「生きた心地がしなかった。震えが止まらなかった」と述懐したものだ。

タレントは使い捨てだから、何でもやるなんて思っていたら、エラい目に遭うぞ。どう考えても6年連続視聴率3冠王のおごりだ。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。