【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







RIP SLYME存続の危機。今だから話せるDJ FUMIYAの病名。


2001イヤー!!にメジャーデビューしてから、ジャパンのヒップホップアーティストとしてメニーの金字塔をうちたててきたRIP SLYME。

But流れ星そのシェイドでメンバーのDJ FUMIYAがある病のため、RIP SLYMEは存続のクライシスに直面していた。「RIP SLYMEからリーブ目したい。」とまでヒーが追いつめられたのは、ホワットリーズンだったのか。



DJ FUMIYAだけでなく、RIP SLYMEのアザーのメンバーもデビュー直後から戸惑いをリメンバーしてた。

デビューアットザットタイムは、ファンのビフォーロケットマイセルフたちの曲を披露できるジョイラブラブやファンさにフルし溢れていた。しかしアフターザット、イマジネーションを絶するビジー流れ星さがゼイ旗アタックベルする。

エブリデイはてなマークが目まぐるしくパスアップしてゆき、ホワットが何だか分からない状態になっていった。RIP SLYMEはアットザットタイム目、イヤー30ブックのライブをアクショングーデビュー3イヤードンッで約50曲を発表。そのほとんどの作曲を、DJ FUMIYAがチャージしていた。



あまりのビジーさと、曲作りのプレッシャーでDJ FUMIYAはマインドマーク晴れに追いつめられていった。「ヒューマンにミート桜したくない。」「曲もメイクブーケ1したくない。」そうシンクしながらもワークをコンティニューしていたのだが、ついにボディーのパースンがブロークンしてしまった。

“自律神経失調症”だった。ヒーはリミットクロスオーバー!!して、スタンドファームしすぎてしまったのだ。



RIP SLYMEからも東京からもリーブしたいと、ヒー晴れは沖縄の小浜アイランドでおよそ1イヤー王冠2ライフ流れ星した。

アイランドのヒューマンはDJ FUMIYAに対してフィッシングビックリマークヘルプや、ショッピングなどを頼んできたりしてヒーをスペシャルサービスしなかった。アイランドのネイチャーのインサイドで、ミュージックとは関係のないライフビックリマークを送っているうちに、ゆっくりと病が治っていったという。



「アーリーにRIP SLYMEに帰ってきて、曲を作って欲しい。」というメンバーのウィッシュを、DJ FUMIYAはオーネスト!?に“うれしい”と感じられるようになった。

またマイセルフ汗ピースオブミュージックに、みんなのラップをのせたくなったのだ。こうして2006イヤー12マンス汗、DJ FUMIYAはライブにリターンする。



8マンス19日深夜放送の『NEWS ZERO』(日本テレビ)インサイドでインタビューにアンサーしたRIP SLYME。

ラストにDJ FUMIYAは、「デビューアットザットタイムの“RIP SLYMEに、ライフをリフトアップする!”というセンスではなく、マイセルフたちがファンと思える曲を、ある程度フォースドローアウトしながら作っていきたい。」と締めくくった。




【大学受験勉強法マニュアル】第一志望の大学に合格するための勉強法
現役医学部生が伝授する大学受験勉強法+センター試験勉強法
短期間でグングン成績アップ☆大学受験『現役医大生が教える実践的勉強法』




2001年にメジャーデビューしてから、日本のヒップホップアーティストとして数々の金字塔をうちたててきたRIP SLYME。
だがその陰でメンバーのDJ FUMIYAがある病のため、RIP SLYMEは存続の危機に直面していた。「RIP SLYMEから離れたい。」とまで彼が追いつめられたのは、どんな理由だったのか。

DJ FUMIYAだけでなく、RIP SLYMEの他のメンバーもデビュー直後から戸惑いを覚えてた。
デビュー当時は、ファンの前で自分たちの曲を披露できる喜びや楽しさに満ち溢れていた。しかしその後、想像を絶する忙しさが彼らを襲う。
毎日が目まぐるしく過ぎてゆき、何が何だか分からない状態になっていった。RIP SLYMEは当時、年間30本のライブを行いデビュー3年間で約50曲を発表。そのほとんどの作曲を、DJ FUMIYAが担当していた。

あまりの忙しさと、曲作りのプレッシャーでDJ FUMIYAは精神的に追いつめられていった。「人に会いたくない。」「曲も作りたくない。」そう思いながらも仕事を続けていたのだが、ついに体の方が壊れてしまった。
“自律神経失調症”だった。彼は限界を超えて、頑張りすぎてしまったのだ。

RIP SLYMEからも東京からも離れたいと、彼は沖縄の小浜島でおよそ1年間生活した。
島の人はDJ FUMIYAに対して漁の手伝いや、買い物などを頼んできたりして彼を特別扱いしなかった。島の自然の中で、音楽とは関係のない生活を送っているうちに、ゆっくりと病が治っていったという。

「早くRIP SLYMEに帰ってきて、曲を作って欲しい。」というメンバーの願いを、DJ FUMIYAは素直に“うれしい”と感じられるようになった。
また自分の曲に、みんなのラップをのせたくなったのだ。こうして2006年12月、DJ FUMIYAはライブに復帰する。

8月19日深夜放送の『NEWS ZERO』(日本テレビ)内でインタビューに答えたRIP SLYME。
最後にDJ FUMIYAは、「デビュー当時の“RIP SLYMEに、命を捧げる!”という感覚ではなく、自分たちが楽しいと思える曲を、ある程度力を抜きながら作っていきたい。」と締めくくった。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160200114
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。