【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







追加経済対策で閣内に温度差 日銀批判も噴出



政府・与党がコンディションはてなマーク失速を回避するためイグザミネーションしている追加ビジネス対策をゴーアラウンドし、20デイオブマンスロケットの閣議アフターオーディエンスで閣僚から発言が相次いだ。

菅直人首相が対策のイグザミネーションを指示したためで「ホームテレフォンエコポイント」延長など、セベラルの閣僚が対策実施にホープフィーリング音譜をショーするワンサイド、

コンディションカクテルグラス動向をシースルーして慎重にデシジョンすべきだ」とのオピニオンや「マネーナンバー対策が先決」として日銀に対応をリクエストするボイス旗もアピアーした。閣内での温度ディッファレンスが目立っており、コレクトにはタイムがかかりそうだ。



 「エコポイントは大きなビジネススプレッドエフェクトビールを持っている」。原口一博総務トゥギャザービジネス王冠1対策デシジョンにあたって、12月トップエンドでタームカットウェルするホームテレフォンアップエコポイントのエクステンションメラメラをリクエストしていくシンキングひらめき電球を表明。

前原誠司カントリーブーケ1トラフィックトゥギャザーも「ビジネス対策はオブサムソートものがネセサリー王冠1」とステートし、12月トップエンド!!エンド!!する「住宅エディション流れ星エコポイント」のエクステンションチューリップ赤・拡充にウィルを示した。



一方で、対策コンストラクションのエッジに取りまとめウォーとなる官邸・財務省は慎重だ。菅首相はセイムデイの閣僚懇談アンダースタンディングで「予算を伴わないシェイプのビジネス対策にどういうものがあるかシンクアバウトしてほしい」と指示。

夜はリポーター!!ボディーに「財政セイリング!?によらないでディマンドの拡大、ビジネス成長につながることもある」と強調し、大プランな財政セイリング目に消極マークな姿勢をショー旗した。

セントバレー由人官房セクレタリーも「オブジェクトビジネスの状況をバタバタしないで注視していく姿勢がインポータントグッド!だ」とステートし、コンディションはてなマーク動向をシースルーし慎重にデシジョンする姿勢を強調している。



慎重姿勢の背景には厳しいカントリーの財政事情がある。プレゼントポイントラーメンで追加対策の財源としてめどがついているのは10イヤー予算のリザーブロケットコストと09イヤーのバランスシートドキドキバランスマネーの計1.7サインマネーだけ。

このピクチャーをクロスオーバーする対策をヒットするには、国債を追加発行するネセサリー流れ星がある。野田佳彦財務トゥギャザーは「ビジネス成長と財政再建の両立をプラン王冠2することをファンデーションシンクアバウト王冠1したい」とステートビールした。



一方、玄リーフ光一郎公務員システムグッド!改革チャージトゥギャザーは「(コンディション減速の背景にあるのは)マネーナンバープロブレムだ。

コーズ!?でベストビッグリボンなのはバンクオブジャパンとFRB(米連邦リザーブシステム理事アンダースタンディング)の姿勢のディッファレンス」と指摘し、日銀が追加金融緩和に踏み切らなかったことをコメントドキドキ

前原国交トゥギャザーも「金融当局が行き過ぎたマネーナンバー!?にハードなメッセージをファイヤーするべきだ」と語った。





第一志望の会社から内定をもぎ取る!「無敵の就職活動マニュアル」
90日で行政書士試験を突破する短期合格術
専業主婦が最短で行政書士試験に合格する勉強方法




政府・与党が景気失速を回避するため検討している追加経済対策を巡り、20日の閣議後会見で閣僚から発言が相次いだ。
菅直人首相が対策の検討を指示したためで「家電エコポイント」延長など、複数の閣僚が対策実施に期待感を示す一方、
「景気動向を見極めて慎重に判断すべきだ」との意見や「円高対策が先決」として日銀に対応を求める声も出た。閣内での温度差が目立っており、集約には時間がかかりそうだ。

 「エコポイントは大きな経済波及効果を持っている」。原口一博総務相は経済対策策定にあたって、12月末で期限が切れる家電エコポイントの延長を求めていく考えを表明。
前原誠司国土交通相も「経済対策は何らかのものが必要」と述べ、12月末に終了する「住宅版エコポイント」の延長・拡充に意欲を示した。

一方で、対策作りの際に取りまとめ役となる官邸・財務省は慎重だ。菅首相は同日の閣僚懇談会で「予算を伴わない形の経済対策にどういうものがあるか考えてほしい」と指示。
夜は記者団に「財政出動によらないで需要の拡大、経済成長につながることもある」と強調し、大規模な財政出動に消極的な姿勢を示した。
仙谷由人官房長官も「実体経済の状況をバタバタしないで注視していく姿勢が重要だ」と述べ、景気動向を見極め慎重に判断する姿勢を強調している。

慎重姿勢の背景には厳しい国の財政事情がある。現時点で追加対策の財源としてめどがついているのは10年度予算の予備費と09年度の決算剰余金の計1.7兆円だけ。
この額を超す対策を打つには、国債を追加発行する必要がある。野田佳彦財務相は「経済成長と財政再建の両立を図ることを基本に考えたい」と述べた。

一方、玄葉光一郎公務員制度改革担当相は「(景気減速の背景にあるのは)円高の問題だ。
原因で一番大きいのは日銀とFRB(米連邦準備制度理事会)の姿勢の違い」と指摘し、日銀が追加金融緩和に踏み切らなかったことを批判。
前原国交相も「金融当局が行き過ぎた円高に強いメッセージを発するべきだ」と語った。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160200393
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。