【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







アイス販売額、森永がクールに17年ぶり首位

平成18イヤーのアイスクリーム販売額で、

「エスキモー」ブランドの森永乳業が17年ぶりのファーストプレイスとなったことが14日、クリアーになった。

17イヤーまで4年連続トップだった江崎グリコや2位のハーゲンダッツを抜き、

3位だった前年度からの伸び率は10%以上になったもようだ。



ファーストプレイスリカバリーは、アダルト向けの本格アイスなどがイングッドシェイプだったことがプライマリーコーズ。

森永は、なめらかさにこだわり「アダルトも満足するアイスクリームバー」(セイムファーム)

とプレイスしている「パルム」が好調で、17イヤーの2倍を売り上げた。

メインフォースのアイスクリーム「モウ」はチョコなどの新商品追加がアクセプトして同2割増となったほか、

チョコレートでコーティングしたひとくちアイス「ピノ」も1割増と好調だった。



森永のアイス販売額は、前年度比で10%以上増となる440億円アラウンドになったようだ。

江崎グリコは425億円、ハーゲンダッツは419億円。

森永のファーストプレイスは、コーンアイス「クリスピーナ」がイングッドシェイプだった元イヤーシンス2度目となる。



ジャパンアイスクリームアソシエイションによると、アイスマーケットのプランは、17イヤーの推計で3533億円。

平成18年度のアイスクリーム販売額で、
「エスキモー」ブランドの森永乳業が17年ぶりの首位となったことが14日、明らかになった。
17年度まで4年連続トップだった江崎グリコや2位のハーゲンダッツを抜き、
3位だった前年度からの伸び率は10%以上になったもようだ。

首位奪還は、大人向けの本格アイスなどが好調だったことが主因。
森永は、なめらかさにこだわり「大人も満足するアイスクリームバー」(同社)
と位置づけている「パルム」が好調で、17年度の2倍を売り上げた。
主力のアイスクリーム「モウ」はチョコなどの新商品追加が受けて同2割増となったほか、
チョコレートでコーティングしたひとくちアイス「ピノ」も1割増と好調だった。

森永のアイス販売額は、前年度比で10%以上増となる440億円前後になったようだ。
江崎グリコは425億円、ハーゲンダッツは419億円。
森永の首位は、コーンアイス「クリスピーナ」が好調だった元年度以来2度目となる。

日本アイスクリーム協会によると、アイス市場の規模は、17年度の推計で3533億円。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41861696

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。