【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







ルー大柴、ズィスイヤーは「福山雅治と紅白出場狙う」!?

歌のリリースや本のライティング、ブログがトピックになっているルー大柴が、

ムービー『主人公は僕だった』の(5月19日)公開をメモリーして行われたスペシャルレッスン付試写会に登場。

「ルックしてライフ(ライフ)はバイマイセルフ(マイセルフバイワンセルフ)でライトリペア(ライトアウトする)することがポッシブル(ポッシブル)だとラーン(学んだ)した」

と映画について語った。





「上半期ナンバー1のムービー。1回ぐらい(今作の主演)ウィル・フェレルとトゥギャザーしたい。

とハイテンションで登場したルーは「ズィスイヤーはウインド(風)が来てる

。悩みはない。これでラストまでライフ行くかな。ヒューマン国宝になればいい」とルー語を交えて熱弁。



また、この日はルー・ティーチャーとしてミーティングプレイスに集まったオーディエンストラブルをハグなどで解決。

「バイマイセルフでポジティブにシンクアバウトして、今までのシンキングをチェンジして改善すればいいんじゃない?

エクスペリエンスを積んで欲しい」とヘルプした。



また、“ルーマニア(ルーのファン)”であるとブログなどで公言した

という福山雅治とレッドアンドホワイトアピアランスするのかと聞かれると、

「おい。ちょっとウェイトよ。福山と私が紅白?ズバリ狙ってます。

プログラムをエンプティーしているし、シュートアップしのミーティングプレイスも決めています」とディスイヤーは乗っている事を強調し、宣言した。

歌のリリースや本の執筆、ブログが話題になっているルー大柴が、
映画『主人公は僕だった』の(5月19日)公開を記念して行われたスペシャル授業付試写会に登場。
「ルックしてライフ(人生)はバイマイセルフ(自分自身)でライトリペア(書き直す)することがポッシブル(可能)だとラーン(学んだ)した」
と映画について語った。


「上半期ナンバー1の映画。1回ぐらい(今作の主演)ウィル・フェレルとトゥギャザーしたい。
とハイテンションで登場したルーは「ズィスイヤーはウインド(風)が来てる
。悩みはない。これで最後まで人生行くかな。人間国宝になればいい」とルー語を交えて熱弁。

また、この日はルー・ティーチャーとして会場に集まった観客の悩みをハグなどで解決。
「バイマイセルフでポジティブに考えて、今までの考えをチェンジして改善すればいいんじゃない?
経験を積んで欲しい」と応援した。

また、“ルーマニア(ルーのファン)”であるとブログなどで公言した
という福山雅治と紅白出場するのかと聞かれると、
「おい。ちょっと待てよ。福山と私が紅白?ズバリ狙ってます。
予定を空けているし、打ち上げの会場も決めています」と今年は乗っている事を強調し、宣言した


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。