【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







TBS社長発言で朝ズバVS不二家再燃

TBS系「みのもんたの朝ズバッ!」の不二家インフォメーションプロブレムが、

同局井上弘カンパニープレジデントの発言で再燃していたことが15日、分かった。



この日、不二家トラストリカバリー対策ミーティングの元スピーカー、郷原信郎桐蔭横浜大学法科大学院プロフェッサー(52)らが、

NHKと民放による放送倫理・プログラムライズメカニズム(BPO)にインベスティゲイション・審理をクレイムした。

 

TBSはディスイヤー1月22日の放送で、ファクトリー元従業員の証言をもとに賞味期限切れのチョコを回収し、

ミルクをミックスして再出荷するワークをレギュラー的に行っていたとインフォームした。

不二家から抗議をアクセプトした同局は、4月18日の放送で不二家の商品をラインアップ

「(チョココレクションは)証言者が伝え聞いた話を引用したものであり、ファクトであるというポジティブプルーフをゲットしたものではなかった」

などとリポート。不二家は再建優先のプレゼントコンディションからアポロジーアクセプトした。



しかし、同27日に同局の井上カンパニープレジデントが定例オーディエンスで

「証言の根幹パートは信用性が高い」とステートし、

不二家はあらためてスピーチの訂正をリクエストするライティングを同局に送付していた。



郷原氏は「不二家にはカレント、イグザミネーション、プラクティスするルームがなく、私人のポジションで申し立てた」とし、

ディスマンス10日付で放送局へのアドバイス機能などを強化したBPOに「ホープしている」と語った。



同プロブレムをめぐっては10日の国会で、

民主党の枝野幸男衆院議員がファクト関係をはっきりさせるべく、

井上カンパニープレジデントと郷原氏のリファレンス人インヴィテーションをリクエストしていた。





TBS系「みのもんたの朝ズバッ!」の不二家報道問題が、
同局井上弘社長の発言で再燃していたことが15日、分かった。

この日、不二家信頼回復対策会議の元議長、郷原信郎桐蔭横浜大学法科大学院教授(52)らが、
NHKと民放による放送倫理・番組向上機構(BPO)に調査・審理を要請した。
 
TBSは今年1月22日の放送で、工場元従業員の証言をもとに賞味期限切れのチョコを回収し、
牛乳を混ぜて再出荷する作業を日常的に行っていたと報じた。
不二家から抗議を受けた同局は、4月18日の放送で不二家の商品を並べ
「(チョコ回収は)証言者が伝え聞いた話を引用したものであり、事実であるという確証を得たものではなかった」
などと報告。不二家は再建優先の現況から謝罪を受け入れた。

しかし、同27日に同局の井上社長が定例会見で
「証言の根幹部分は信用性が高い」と述べ、
不二家はあらためて発言の訂正を求める文書を同局に送付していた。

郷原氏は「不二家には現在、検討、実行する余裕がなく、私人の立場で申し立てた」とし、
今月10日付で放送局への勧告機能などを強化したBPOに「期待している」と語った。

同問題をめぐっては10日の国会で、
民主党の枝野幸男衆院議員が事実関係をはっきりさせるべく、
井上社長と郷原氏の参考人招致を求めていた。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。