【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







イチロー、今季初の5安打! 城島は5号ソロ

イチロー、城島が大爆発! 

米大リーグ、マリナーズのイチロー、城島健司が16日(ジャパンタイム)、ベースでのエンゼルス戦に先発アピアランス。

「1番・センター」でアピアランスしたイチローはディスシーズン初の5安打と大アクティビティーすれば、

「7番・キャッチャー」でスタメンマスクの城島もディスシーズン5号ソロを含むマルチヒット。

二人のアクティビティーで、チームは11?3とグレートヴィクトリーした。



イチローの第1打席は俊足をメイクユーズオブしてファーストダイヤモンドセーフヒット。第2打席はレフト前ヒットをフリーすると、

その直後、ディスシーズン5個目の盗塁にサクセス。バイワンセルフの持つアメリカンリーグ連続盗塁記録を「44」にストレッチした。

第3打席はセンター前ヒット、第4打席はショートダイヤモンド安打。

無死セカンドベースとなった第5打席は、ライトへタイムリーヒットで1打点を記録した。

この日は5打数5セーフヒット1打点1盗塁と大暴れして、打率を3割1分2厘にギブした。



城島は第1打席、セカンドゴロにブレイクダウンしたが、第2打席はセンターへ犠牲フライをシュートアップして1打点を記録。

第3打席はミドル高めのストレートをフルスイングし、レフトスタンドへディスシーズン第5号となるソロホームランをたたき込んだ。

第4打席はセンター前ヒット。第5打席はサードゴロにブレイクダウンした。

このマッチは4打数2セーフヒット2打点とアクティビティーして、打率は3割1分2厘となった。



マッチはマリナーズ打線が爆発。14安打11スコアの猛攻をショーした。

一方の投手陣は、先発したフォールトビギニングのヘルナンデスがピリッとせず、3回途中3失点で降板。

しかし、2カウントのホワイトが好リリーフで4回1/3を無失点。ラストは、3カウントのデービスが締めた。





イチロー、城島が大爆発! 
米大リーグ、マリナーズのイチロー、城島健司が16日(日本時間)、本拠地でのエンゼルス戦に先発出場。
「1番・センター」で出場したイチローは今季初の5安打と大活躍すれば、
「7番・キャッチャー」でスタメンマスクの城島も今季5号ソロを含むマルチヒット。
二人の活躍で、チームは11−3と大勝した。

イチローの第1打席は俊足を生かしてファースト内野安打。第2打席はレフト前ヒットを放つと、
その直後、今季5個目の盗塁に成功。自身の持つアメリカンリーグ連続盗塁記録を「44」に伸ばした。
第3打席はセンター前ヒット、第4打席はショート内野安打。
無死二塁となった第5打席は、ライトへタイムリーヒットで1打点を記録した。
この日は5打数5安打1打点1盗塁と大暴れして、打率を3割1分2厘に上げた。

城島は第1打席、セカンドゴロに倒れたが、第2打席はセンターへ犠牲フライを打ち上げて1打点を記録。
第3打席は真ん中高めのストレートをフルスイングし、レフトスタンドへ今季第5号となるソロ本塁打をたたき込んだ。
第4打席はセンター前ヒット。第5打席はサードゴロに倒れた。
この試合は4打数2安打2打点と活躍して、打率は3割1分2厘となった。

試合はマリナーズ打線が爆発。14安打11得点の猛攻を見せた。
一方の投手陣は、先発した故障明けのヘルナンデスがピリッとせず、3回途中3失点で降板。
しかし、2番手のホワイトが好リリーフで4回1/3を無失点。最後は、3番手のデービスが締めた。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。