【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







サッカー=モウリーニョ監督、愛犬が原因で逮捕

サッカーのイングランド・プレミアシップ、チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督(44)が、

ペットドッグをめぐってポリースと口論となり、キャプチャされた。

ポリース筋が16日クリアーにした。

 

英サン紙によると、アニマルヘルス当局の職員と警察官2人が15日にモウリーニョ監督の自宅をヴィジットし、

犬を検疫するために引き渡しをリクエストしたところ、

同監督が拒んだためポリースと口論になった。

同局は、モウリーニョ監督が犬を国外にテイクアウトし、

定められたプロテクションアゲンスト接種を受けさせないまま国内に持ち込んだダウトがあるとして検疫をディマンドしていた。

犬がエスケープしたことから、ポリースは犬を連れずに去ったという。



サッカーのイングランド・プレミアシップ、チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督(44)が、
愛犬をめぐって警察と口論となり、逮捕された。
警察筋が16日明らかにした。
 
英サン紙によると、動物衛生当局の職員と警察官2人が15日にモウリーニョ監督の自宅を訪れ、
犬を検疫するために引き渡しを求めたところ、
同監督が拒んだため警察と口論になった。
同局は、モウリーニョ監督が犬を国外に連れ出し、
定められた予防接種を受けさせないまま国内に持ち込んだ疑いがあるとして検疫を要求していた。
犬が逃げたことから、警察は犬を連れずに去ったという。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。