【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







清原が衝撃告白「絶望感でいっぱい」、左ひざ限界で引退覚悟も

清原激白!! 

左ひざの手術からリハビリ中のオリックス・清原和博ダイヤモンド手(39)が16日、

兵庫・神戸シティーのベーススカイマークで「このままフィニッシュするかもしれない…」

と現役引退の可能性について初めてリファレンスした。

チームが10連敗のあと、白星をひとつはさんで再び6連敗と低迷する状況にもかかわらず、

一向に好転しない左ひざへの絶望感。

このままでは引退も…。番長がシェイクする胸中を一気に吐きだした。



悲痛なシャウトだ。

スカイマークの外野でリザーブエクササイズをしていた清原が突然、報道陣に迫ってきた。



エブリバディはひざのコンディションが聞きたいんでしょ? 

停滞している。はっきりいって、手術をしたけどグッドになっていない」



ベースディレクションをターンヘッドし、立てない打席にライトハンドをポイントしながら、さらにこうコンティニューした。



ディスシーズン中に打席に立てないポッシブル性もある。

もしかしたら、このまま終わってしまうかもしれない…。

見えてこない。僕の中では今、絶望感でいっぱいなんです」



ショックの告白だった。初めてディスシーズン限りの引退のポッシブル性まで口にした。

胸の中にため込んでいた心情を一気にさらけ出した。

完全リターンをビリーブして行った左ひざ手術が空転。

コンディションが好転しなければ、引退も覚悟せざるをえない?。

サッチ状況にあるという。



清原は宮古島キャンプのオンザウェイで離脱、

2月28日に神経を刺激する遊離軟骨などを除去するクリーニング手術をアクセプトした。

アットファーストは5月27、28日の交流戦・ジャイアント戦(東京ドーム)をリターンマークとして3月17日からリハビリをスタート。

ウオーキングから、ジョギング、ティー打撃、フリー打撃と段階をギブしてきた。

オールライトとみられていたが、左ひざのコンディションラストウィーク末からシーリアス化していた。



10日に都内のホスピタルでメディカルイグザミネーションアクセプトした際、痛み止めの注射を打った。

11、12日はフリー打撃を行ったが、13日はライトに体をムーブしただけで14、15日は連休。

この日はジョギングの後、ティー打撃を行ったが十数球打っただけでエンドした。

“停滞している”というワードを裏付けるかのように、プラクティスのペースも落ちている。



「だから、1人で集中してプラクティスさせてほしい。

ひざのコンディションはグッドになるものじゃない。天気ソートオブに雨が降ったり、クリアーアウェイしたりするものでもない」。

17日には手術をアクセプトした都内のホスピタルでメディカルイグザミネーションプログラムだが、訴えかけるように取材自粛も申し入れた。



デスした仰木元監督に「花道をつくってやる」と口説かれ、06年にオリックスオーディエンス。

年俸3億円をもらいながら、パーストフォーティーを迎えるシーズンは誤算スペルだ。

もちろん、打席に立つことをあきらめたわけではないが…。

たしかに清原は今、引退クライシスに追い込まれている。

清原激白!! 
左ひざの手術からリハビリ中のオリックス・清原和博内野手(39)が16日、
兵庫・神戸市内の本拠地スカイマークで「このまま終わるかもしれない…」
と現役引退の可能性について初めて言及した。
チームが10連敗のあと、白星をひとつはさんで再び6連敗と低迷する状況にもかかわらず、
一向に好転しない左ひざへの絶望感。
このままでは引退も…。番長が揺れる胸中を一気に吐きだした。

悲痛な叫びだ。
スカイマークの外野で準備運動をしていた清原が突然、報道陣に迫ってきた。

「皆さんはひざの状態が聞きたいんでしょ? 
停滞している。はっきりいって、手術をしたけど良くなっていない」

本塁方向を振り返り、立てない打席に右手を向けながら、さらにこう続けた。

「今季中に打席に立てない可能性もある。
もしかしたら、このまま終わってしまうかもしれない…。
見えてこない。僕の中では今、絶望感でいっぱいなんです」

衝撃の告白だった。初めて今季限りの引退の可能性まで口にした。
胸の中にため込んでいた心情を一気にさらけ出した。
完全復帰を信じて行った左ひざ手術が空転。
状態が好転しなければ、引退も覚悟せざるをえない−。
そんな状況にあるという。

清原は宮古島キャンプの途中で離脱、
2月28日に神経を刺激する遊離軟骨などを除去するクリーニング手術を受けた。
当初は5月27、28日の交流戦・巨人戦(東京ドーム)を復帰目標として3月17日からリハビリを開始。
ウオーキングから、ジョギング、ティー打撃、フリー打撃と段階を上げてきた。
順調とみられていたが、左ひざの状態は先週末から深刻化していた。

10日に都内の病院で診察を受けた際、痛み止めの注射を打った。
11、12日はフリー打撃を行ったが、13日は軽く体を動かしただけで14、15日は連休。
この日はジョギングの後、ティー打撃を行ったが十数球打っただけで終了した。
“停滞している”という言葉を裏付けるかのように、練習のペースも落ちている。

「だから、1人で集中して練習させてほしい。
ひざの状態は良くなるものじゃない。天気みたいに雨が降ったり、晴れたりするものでもない」。
17日には手術を受けた都内の病院で診察予定だが、訴えかけるように取材自粛も申し入れた。

他界した仰木元監督に「花道をつくってやる」と口説かれ、06年にオリックス入り。
年俸3億円をもらいながら、不惑を迎えるシーズンは誤算続きだ。
もちろん、打席に立つことをあきらめたわけではないが…。
たしかに清原は今、引退危機に追い込まれている。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。