【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







強盗後7年潜伏、時効成立は勘違い…結婚申請の中国人逮捕

東京・大田区で2000年4月に起きた強盗イベントに関与したとしてキャプチャ状が出ていた中国人の男が、

強盗罪の公訴時効が成立したと思い込んで福岡入国コントロール局のアピアランスクレイムにアクセプトしたところを、

警視庁にキャプチャされた。



犯行当時の強盗罪の公訴時効は7年で、

単純計算では時効は成立していたことになるが、

共犯者の公判中は時効が停止するとの規定が刑事訴訟法にある。

男はそれを知らず、カンパニー中の女性と結婚しようと

福岡シティーホールフォーリンカントリーレコード証の発行をリクエストしてアシがついた。



男はまず入管難民法違反(不法残留)チャージでキャプチャされており、

同庁組織犯罪対策2課は17日、強盗チャージで再キャプチャする。



この男は福岡市在住の曹培チャージ者(43)。

00年4月24日夜、大田区西蒲田のエステ店にカンパニーの中国人4人とプッシュインし、

キャッシュ約30万円などを奪ったとして、同課が行方を追っていた。カンパニーはいずれもキャプチャされ、

実刑センテンスが確定しているが、曹チャージ者だけは福岡シティーのフードアンドドリンク店などで働き、

中国から帰化したウーマンとカンパニーしながら潜伏ライフをコンティニューしていた。



東京・大田区で2000年4月に起きた強盗事件に関与したとして逮捕状が出ていた中国人の男が、
強盗罪の公訴時効が成立したと思い込んで福岡入国管理局の出頭要請に応じたところを、
警視庁に逮捕された。

犯行当時の強盗罪の公訴時効は7年で、
単純計算では時効は成立していたことになるが、
共犯者の公判中は時効が停止するとの規定が刑事訴訟法にある。
男はそれを知らず、交際中の女性と結婚しようと
福岡市役所に外国人登録証の発行を申請してアシがついた。

男はまず入管難民法違反(不法残留)容疑で逮捕されており、
同庁組織犯罪対策2課は17日、強盗容疑で再逮捕する。

この男は福岡市在住の曹培容疑者(43)。
00年4月24日夜、大田区西蒲田のエステ店に仲間の中国人4人と押し入り、
現金約30万円などを奪ったとして、同課が行方を追っていた。仲間はいずれも逮捕され、
実刑判決が確定しているが、曹容疑者だけは福岡市内の飲食店などで働き、
中国から帰化した女性と交際しながら潜伏生活を続けていた。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。