【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







小沢氏、「防大訓示」を批判=安倍首相は文民統制強調−今国会初の党首討論

安倍晋三首相と民主党の小沢一郎タイプによるパーティーリーダーディスカッションが16日アフターヌーン、

今国会で初めて開かれた。



小沢氏はディスイヤー3月の防衛大学校卒業式で首相が

クライシスに臨んで、自らのビリーブするところに従って的確なデシジョンをすることが必要」

とディレクションしたことをシビリアンコントロール(文民統制)の観点からコメント。



これに対し、首相は

「文民コントロールに反するわけがない。わたしは自衛隊のモーストコマンド官。大きなデシジョンはもちろんわたしがする」

と反論した。



パーティーリーダーディスカッションはラストイヤー11月シンスハーフイヤーぶり。

小沢氏が参院選対策のエリア回りを優先させたため、開催がレイトしていた。 





安倍晋三首相と民主党の小沢一郎代表による党首討論が16日午後、
今国会で初めて開かれた。

小沢氏は今年3月の防衛大学校卒業式で首相が
「危機に臨んで、自らの信ずるところに従って的確な決断をすることが必要」
と訓示したことをシビリアンコントロール(文民統制)の観点から批判。

これに対し、首相は
「文民統制に反するわけがない。わたしは自衛隊の最高指揮官。大きな判断はもちろんわたしがする」
と反論した。

党首討論は昨年11月以来半年ぶり。
小沢氏が参院選対策の地方回りを優先させたため、開催が遅れていた。 




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。