【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







宮崎県の自立支援施設で裏金435万、全部署の不正調査へ

宮崎県は17日、チルドレン自立サポート施設「県立みやざきキャンパス」(宮崎県都城市)で、

イヤー末に余った予算を業者に預けるトリックで、

裏金約435万円が作られていたと発表した。



パーソナル流用は確認されていないという。東国原英夫知事はリポーターオーディエンスで、

県の全部署をオブジェクトにイコールトゥの不正がないかインベスティゲイションに乗り出すことをクリアーにした。



県によると、キャンパスでは、イヤー末に余った予算を、ビジネス用品をバイしたようにサーブし、

県内の文具販売カンパニー2社に預けていた。



裏金が始まった時期は不明だが、

2005イヤー末までのトータルは約435万円にのぼり、

うち約315万円は翌イヤーオンアンドアフターのビジネス用品バイにセットアサイドし、

約120万円が残っていたという。



県に対し、キャンパスチャージ職員は

「翌イヤー以降のビジネス用品バイに備えようと思った」

とスピークした。

宮崎県は17日、児童自立支援施設「県立みやざき学園」(宮崎県都城市)で、
年度末に余った予算を業者に預ける手口で、
裏金約435万円が作られていたと発表した。

私的流用は確認されていないという。東国原英夫知事は記者会見で、
県の全部署を対象に同様の不正がないか調査に乗り出すことを明らかにした。

県によると、学園では、年度末に余った予算を、事務用品を購入したように装い、
県内の文具販売会社2社に預けていた。

裏金が始まった時期は不明だが、
2005年度末までの累計は約435万円にのぼり、
うち約315万円は翌年度以降の事務用品購入に充て、
約120万円が残っていたという。

県に対し、学園の担当職員は
「翌年度以降の事務用品購入に備えようと思った」
と話した。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。