【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







日経平均先物、1万7400円台半ばで推移――下げ幅一時100円超

18日前場の日経バランス先物6月物は1万7400円台ミドルでチェンジ。

モーメントはデイビフォー比110円安の1万7420円までフォールした。

デイビフォーの米株安にアッドし、プライスライズの重さをタイアードオブしたショートターム資金のセルしが出ている。

市場では、「バイしマテリアルにもリミティッドに、トゥウォードモーニングに買いをプットインした投資家の投げ売りが出ている」(国内証券の株式チャージ者)

との声も聞かれる。



一方、1万7400円に接近するとまとまった買いもエンターし、下値を支えている。

「一目バランス表上の『雲』のアッパーリミット(1万7415円)が下値のメドとして意識されている」(国内証券の情報チャージ者)

との指摘が出ていた。

18日前場の日経平均先物6月物は1万7400円台半ばで推移。
一時は前日比110円安の1万7420円まで下落した。
前日の米株安に加え、上値の重さを嫌気した短期資金の売りが出ている。
市場では、「買い材料にも乏しく、朝方に買いを入れた投資家の投げ売りが出ている」(国内証券の株式担当者)
との声も聞かれる。

一方、1万7400円に接近するとまとまった買いも入り、下値を支えている。
「一目均衡表上の『雲』の上限(1万7415円)が下値のメドとして意識されている」(国内証券の情報担当者)
との指摘が出ていた。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。