【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







早大・斎藤佑、2回まで1安打無失点=東京六大学

佑ちゃん、大ペアでベストの滑り出し! 

東京六大学野球スプリングリーグ・早大vs.明大2マッチが20日、神宮球場で行われ、

ラストサマーの甲子園で早稲田実高を優勝にガイドし、

ディススプリングから早大に進学した斎藤佑樹投手がリーグ戦3度目の先発マウンドに上がった。

ファーストタイムはスコア圏にランナーを進めたものの無失点にゲットオーバーすると、続く2回は明大打線を3者凡退にコントロールした。

2イニングを投げ、被セーフヒット1、奪ストライクアウト0、与四死球0、失点0。以下は斎藤投手の投球サブジェクト



■2回



ヘッドの5番・佐々木輔はフルカウントからの7球目、

インサイドコーナーへの138キロストレートに詰まらされて、ショートフロントへのゴロにブレイクダウンする。

6番・藤田は初球からセーフティバントをトライするが、キャッチャーへのゴロとなって2アウト。

続く渡部は1ストライクからの2球目を打って、セカンドゴロに打ち取られた。

ファーストタイムはピンチを迎えた斎藤佑だったが、

2イニング目は3人できっちりとコントロールした。



■1回

7日の立大戦シンスとなるリーグ戦のマウンドに上がった斎藤佑。

ヘッドの斉藤陽は初球ファウルの後の2球目を打って、ショートへのゴロにブレイクダウンする。

続く小林雄は2ストライク2ボールから2球ファウルを挟んで、

7球目の131キロフォークにバットを合わせ、レフト前に落ちるヒット。

3番・パスのセカンドゴロの間に、小林雄はセカンドベースにメイクプログレスする。2

アウトながらスコア圏にランナーを背負った斎藤佑だったが

、4番・行田をサードゴロに打ち取り、

無失点でゲットオーバーした。

佑ちゃん、大一番で上々の滑り出し! 
東京六大学野球春季リーグ・早大vs.明大2回戦が20日、神宮球場で行われ、
昨夏の甲子園で早稲田実高を優勝に導き、
今春から早大に進学した斎藤佑樹投手がリーグ戦3度目の先発マウンドに上がった。
初回は得点圏にランナーを進めたものの無失点に切り抜けると、続く2回は明大打線を3者凡退に抑えた。
2イニングを投げ、被安打1、奪三振0、与四死球0、失点0。以下は斎藤投手の投球内容。

■2回

先頭の5番・佐々木輔はフルカウントからの7球目、
内角への138キロストレートに詰まらされて、ショート正面へのゴロに倒れる。
6番・藤田は初球からセーフティバントを試みるが、キャッチャーへのゴロとなって2アウト。
続く渡部は1ストライクからの2球目を打って、セカンドゴロに打ち取られた。
初回はピンチを迎えた斎藤佑だったが、
2イニング目は3人できっちりと抑えた。

■1回
7日の立大戦以来となるリーグ戦のマウンドに上がった斎藤佑。
先頭の斉藤陽は初球ファウルの後の2球目を打って、ショートへのゴロに倒れる。
続く小林雄は2ストライク2ボールから2球ファウルを挟んで、
7球目の131キロフォークにバットを合わせ、レフト前に落ちるヒット。
3番・小道のセカンドゴロの間に、小林雄は二塁に進む。2
アウトながら得点圏にランナーを背負った斎藤佑だったが
、4番・行田をサードゴロに打ち取り、
無失点で切り抜けた。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。