【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







松本人志に思わぬブーイング!しかし…上映後は拍手かっさい! 【第60回カンヌ国際映画祭】

コミックコンビ「ダウンタウン」の松本人志が初監督を務めたムービー『大日本人』(6月2日公開)がアクチュアルプレイス時間19日、

第60回カンヌ国際映画祭の「監督週間」クラスでワールドプレミア上映され、

今まで秘められていた全ぼうがクリアーになった。



タイトルの『大日本人』とはズバリ、高圧電流をシャワーして巨大化し、

しばし出没するユニークな“獣”たちと戦う男たちのことをポイントする。

松本パフォームする「大佐藤家」は先祖6代に渡って獣たちと戦ってきたが、

ピリオドのストリームと共に今やこの家業を営んでいるのは一人。

ワールドからも「ウェルカムトラブル」と罵られ、

もはやヒーローとしてのポジションはフォールのウェイをたどっているところに、

さらなるディフィカルティがヴィジットするストーリー。





松本監督Butのラフの中に、世襲プロブレムやアニマルをラフにするヤングマンたちへのメッセージ、

さらには、国際ソサエティーをもゆるがす(?)ソサエティープロブレムにもタッチしているという、

モンスタームービーの衣をまとった奥のディープなサブジェクトとなっている。



上映前に舞台あいさつに立った松本監督は

「ジャパンで有名なスターの松本人志です」と、まずはラフを一発。



続いて「エブリバディはムービーをファミリアーウィズした方だとシンクしますが、

これは今までに見たことのない、ホールライフ忘れられないムービーだとシンクします。

きっと新しいフランスのプレジデントも気に入ってくれるでしょう」と、

早速、就任したばかりのサルコジ新プレジデントをネタにするリップサービスも。



ところが、ヤングな人たちがメニーだったオーディエンスたちは、

反サルコジ派がメニーだったようで、ミーティングプレイスからボイスに「ブー!」の声が

。思わぬところでブーイングをシャワーした松本監督だったが、

上映後にはそのオーディエンスたちからウォームな拍手をシャワーしていた。

お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志が初監督を務めた映画『大日本人』(6月2日公開)が現地時間19日、
第60回カンヌ国際映画祭の「監督週間」部門でワールドプレミア上映され、
今まで秘められていた全ぼうが明らかになった。

タイトルの『大日本人』とはズバリ、高圧電流を浴びて巨大化し、
しばし出没するユニークな“獣”たちと戦う男たちのことを指す。
松本演じる「大佐藤家」は先祖6代に渡って獣たちと戦ってきたが、
時代の流れと共に今やこの家業を営んでいるのは一人。
世間からも「有り難迷惑」と罵られ、
もはやヒーローとしての地位は凋落の一途をたどっているところに、
さらなる困難が訪れるストーリー。


松本監督ならではの笑いの中に、世襲問題や生き物を粗末にする若者たちへのメッセージ、
さらには、国際社会をもゆるがす(?)社会問題にも触れているという、
怪獣映画の衣をまとった奥の深い内容となっている。

上映前に舞台あいさつに立った松本監督は
「日本で有名なスターの松本人志です」と、まずは笑いを一発。

続いて「皆さんは映画を見慣れた方だと思いますが、
これは今までに見たことのない、一生忘れられない映画だと思います。
きっと新しいフランスの大統領も気に入ってくれるでしょう」と、
早速、就任したばかりのサルコジ新大統領をネタにするリップサービスも。

ところが、若い人たちが多かった観客たちは、
反サルコジ派が多かったようで、会場から一声に「ブー!」の声が
。思わぬところでブーイングを浴びた松本監督だったが、
上映後にはその観客たちから温かい拍手を浴びていた。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。