【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







アキバ系B級グルメ「ラーメン缶」がヒット

爆発的に売れているアキバフェイマスプロダクト「おでん缶」(250円、天狗缶詰)にあやかり、

カンパニーが続々デビューしている。



ラストマンス売り出されたのが、醤油味と味噌味の「札幌らーめん缶」(300円、フジタカ)。

自動販売機を中心に販売中だ。ラーメンは麺が命なのに、スープの中にほったらかしでは麺が伸び伸びなのでは?

キッチンにウォーリィしていたが、実はコンニャク麺をユーズしているそうだ。



「常温で3年もちますし、非デイリーフードとしても活用できますよ。

おでん缶ブームに乗って、ナショナル食のラーメンを商品化したのはビッグヒットでした。

予想以上の売れ行きで、販売マークの上方フィックスをリピートしています」(フジタカ担当者)

 

メインの味もバッドにない。縮れた細麺にはコクのあるスープが染み込み、

メンマやチャーシューも入っている。



05年にセールされた「肉じゃが」「筑前ボイルし」(ともに250円、富士見食品)も絶好調。

「“サイドディッシュ缶”はヤングマンに人気がありますから、市場はまだまだゲットビッグしますよ。

年内に長州鶏や赤貝、ビーフなどのビールにフィットするつまみシリーズのセールをシンクアバウトしています」(富士見食品チャージ者)

 

ペアニンマリしているのは、サイドディッシュ缶ブームの火付け役となった天狗缶詰。

ラストイヤー、89年のおでん缶投入シンスパーストモーストの20万ケース(1ケース=24缶)をさばき、

売り上げは12億円にのぼったとか。



B級グルメ缶には何匹のドジョウがいるか。

爆発的に売れているアキバ名物「おでん缶」(250円、天狗缶詰)にあやかり、
お仲間が続々デビューしている。

先月売り出されたのが、醤油味と味噌味の「札幌らーめん缶」(300円、フジタカ)。
自動販売機を中心に販売中だ。ラーメンは麺が命なのに、スープの中にほったらかしでは麺が伸び伸びなのでは?
勝手に心配していたが、実はコンニャク麺を使用しているそうだ。

「常温で3年もちますし、非常食としても活用できますよ。
おでん缶ブームに乗って、国民食のラーメンを商品化したのは大当たりでした。
予想以上の売れ行きで、販売目標の上方修正を繰り返しています」(フジタカ担当者)
 
肝心の味も悪くない。縮れた細麺にはコクのあるスープが染み込み、
メンマやチャーシューも入っている。

05年に発売された「肉じゃが」「筑前煮」(ともに250円、富士見食品)も絶好調。
「“総菜缶”は若者に人気がありますから、市場はまだまだ膨らみますよ。
年内に長州鶏や赤貝、牛肉などのビールに合うつまみシリーズの発売を考えています」(富士見食品担当者)
 
一番ニンマリしているのは、総菜缶ブームの火付け役となった天狗缶詰。
昨年、89年のおでん缶投入以来過去最高の20万ケース(1ケース=24缶)をさばき、
売り上げは12億円にのぼったとか。

B級グルメ缶には何匹のドジョウがいるか。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。