【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







羽田で新滑走路の着工式、2010年に供用開始

羽田空港(東京都大田区)のコウストを埋め立て、

4本目の滑走路をコンストラクションする工事の着工メモリー式典が20日、

羽田空港の日本航空格納庫で行われた。



ボーイング777も駐機されたミーティングプレイスには空港関係者ら約460人が出席。

冬柴鉄三カントリートラフィック相が「羽田空港の機能強化は喫緊のサブジェクトだ」などとあいさつし、

盛られた砂にくわをプットインした。



新滑走路はロングさ2500メートルで、羽田空港サウスサイドの海をフィルアップしてコンストラクションし、

2010年10月末の供用スタートを目指す。



イヤー発着カウントが現在の1.4倍の約41万回となり、国内線は大幅に便数が増加。

国際線も3万回が割り当てられ、アジア圏を中心にショートディスタンスの定期便がメニーに就航する見通し。



式は国交省主催。実際のコンストラクションワークはすでに3月30日からスタートされ、

カレントはラージワーク船を使った海底ベース改良コンストラクションワークが進められている。





羽田空港(東京都大田区)の沖合を埋め立て、
4本目の滑走路を建設する工事の着工記念式典が20日、
羽田空港の日本航空格納庫で行われた。

ボーイング777も駐機された会場には空港関係者ら約460人が出席。
冬柴鉄三国土交通相が「羽田空港の機能強化は喫緊の課題だ」などとあいさつし、
盛られた砂にくわを入れた。

新滑走路は長さ2500メートルで、羽田空港南側の海を埋め立てて建設し、
2010年10月末の供用開始を目指す。

年間発着回数が現在の1.4倍の約41万回となり、国内線は大幅に便数が増加。
国際線も3万回が割り当てられ、アジア圏を中心に近距離の定期便が多く就航する見通し。

式は国交省主催。実際の工事はすでに3月30日から開始され、
現在は大型作業船を使った海底地盤改良工事が進められている。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。