【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







F1、将来はバイオ燃料のターボエンジンを使用か

F1を統括するFIA(国際オートモビール連盟)とオートモビールメーカー各社は、F1をよりビジネス的に、

より環境にやさしく、よりジェネラルのドライバーとの関連性をグローするようにするため、

バイオフューエルエンジンの導入をインクルードし、2011年から導入される大プランなアート的チェンジについてディスカッションを進めている。

アクチュアルプレイスタイム(以下、アクチュアルプレイスタイム)18日、『ロイター』ニューズなどがリポートしている。



FIAのスポークスマンは、18日、パワートレイン(パワー伝達装置)のレギュレーションに関する審議書類を

ラストウィークすでにF1製造者顧問委員会に送ったと語った。



パワートレインとは、マシン上でパワー(パワー)を発生し、路面にリポートする装置で、

エンジンやギアボックスなどが含まれている。



委員会には、F1に参戦するすべてのオートモビールメーカー、ルノー、BMW、

ダイムラー・クライスラー傘下のメルセデス、フェラーリ(フィアット)、Hondaとトヨタの6社にアッドし、

さらにフォードとフォルクス・ワーゲン-アウディ・グループも名をジョインしており、

ネクストマンス6月に開催されるプログラムだ。



FIAは提案書類についてのディーテイルをクリアーにしていないが、

イギリスのモータースポーツ専門誌『F1 Racing』6月号はそのサブジェクトについて、

バイオフューエルをユーズする2.2リッターV6ターボエンジンにチェンジし、

モースト回転数を10,000rpmにリミットし、出力は約770馬力、また1エンジンで5レースを走行すると伝えている。

バイオフューエルとは、コーンなどを原料とする二酸化炭素排出量の少ないエネルギー資源で、

ガソリンなどのオイルフューエルに替わる新たなエネルギーとしてノーティスをコレクトしている。





カレントの2.4リッターV8エンジンは、モースト回転数が19,000rpmにリミットされ、

1つのエンジンで2レースをランすることが義務づけられている。

2年前の2005年までは、よりフューエル消費量のビッグな3.0リッターV10エンジンをユーズし、

モースト回転数は20,000回転にリーチすることもあった。



FIAのマックス・モズレー会長は、

「フィーチャーにおいて、F1にしか関連のないスタディー開発は行なわれなくなり、

市販車開発との関連性が促進されることを確実にするため、

ウィーチーフなメーカーとアクティブなディスカッションを行なっている。

そのような取り組みは、参加している各メーカーからワイドなサポートアクセプトしているとアンダースタンディングしているし、

ほとんどのメーカーが開発している最新の環境関連アートが、

ウィーの優先マターとなっていることを確実にするため、彼らと緊密にワークしている。

このマークを達成することを目指しつつ、F1のスポーツとしてのスペクタクル性は、

新しいアート開発によってこれまでとセイムように残されるか、さらによくなっていくだろうと確信している」

とビューを語っている。



変更がネセサリーとされる主なリーズンは2点。

第1は、「参加チームのためにより低コストでよりヘルスなコマース的ビューを作り出す」ことで、

第2は「環境についてのジェネラル的な関心に対応するネセサリーがある」ことである。



以上のようなチェンジをプレスフォワードしつつも、

「ファンのために、F1の持つ心情的な魅力をダメージすることを避けること」

がフロムナウオンの主なコンディションでもあり、

「F1とその圧倒的なスピードが持つアート的なリスペクト

メンテナンスすることもインポータントとなる。



排気量と最高回転数のチェンジ、

特にメニーのF1ファンを引きつけるエンジン音がチェンジすることになれば、

これからの論争の的となるかもしれない。

F1を統括するFIA(国際自動車連盟)と自動車メーカー各社は、F1をより経済的に、
より環境にやさしく、より一般のドライバーとの関連性を増すようにするため、
バイオ燃料エンジンの導入を含め、2011年から導入される大規模な技術的変更について議論を進めている。
現地時間(以下、現地時間)18日、『ロイター』通信などが伝えている。

FIAのスポークスマンは、18日、パワートレイン(動力伝達装置)のレギュレーションに関する審議書類を
先週すでにF1製造者顧問委員会に送ったと語った。

パワートレインとは、マシン上でパワー(動力)を発生し、路面に伝える装置で、
エンジンやギアボックスなどが含まれている。

委員会には、F1に参戦するすべての自動車メーカー、ルノー、BMW、
ダイムラー・クライスラー傘下のメルセデス、フェラーリ(フィアット)、Hondaとトヨタの6社に加え、
さらにフォードとフォルクス・ワーゲン-アウディ・グループも名を連ねており、
来月6月に開催される予定だ。

FIAは提案書類についての詳細を明らかにしていないが、
イギリスのモータースポーツ専門誌『F1 Racing』6月号はその内容について、
バイオ燃料を使用する2.2リッターV6ターボエンジンに変更し、
最高回転数を10,000rpmに制限し、出力は約770馬力、また1エンジンで5レースを走行すると伝えている。
バイオ燃料とは、穀物などを原料とする二酸化炭素排出量の少ないエネルギー資源で、
ガソリンなどの石油燃料に替わる新たなエネルギーとして注目を集めている。


現在の2.4リッターV8エンジンは、最高回転数が19,000rpmに制限され、
1つのエンジンで2レースを走ることが義務づけられている。
2年前の2005年までは、より燃料消費量の大きい3.0リッターV10エンジンを使用し、
最高回転数は20,000回転に達することもあった。

FIAのマックス・モズレー会長は、
「将来において、F1にしか関連のない研究開発は行なわれなくなり、
市販車開発との関連性が促進されることを確実にするため、
我々は主要なメーカーと活発な議論を行なっている。
そのような取り組みは、参加している各メーカーから幅広い援助を受けていると理解しているし、
ほとんどのメーカーが開発している最新の環境関連技術が、
我々の優先事項となっていることを確実にするため、彼らと緊密に作業している。
この目標を達成することを目指しつつ、F1のスポーツとしてのスペクタクル性は、
新しい技術開発によってこれまでと同じように残されるか、さらによくなっていくだろうと確信している」
と展望を語っている。

変更が必要とされる主な理由は2点。
第1は、「参加チームのためにより低コストでより健全な商業的展望を作り出す」ことで、
第2は「環境についての一般的な関心に対応する必要がある」ことである。

以上のような変更を推し進めつつも、
「ファンのために、F1の持つ心情的な魅力を損なうことを避けること」
が今後の主な制約でもあり、
「F1とその圧倒的なスピードが持つ技術的な尊敬」
を維持することも重要となる。

排気量と最高回転数の変更、
特に多くのF1ファンを引きつけるエンジン音が変わることになれば、
これからの論争の的となるかもしれない。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。