【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







シンガポール航空国際C、日本馬ワンツー!

アクチュアルプレイスタイム20日、星・クランジ競馬場で行われたシンガポール航空国際C(3歳上、星G1・芝2000m)は、

田中勝春騎手マウントのシャドウゲイト(牡5、美浦・加藤征弘厩舎)が、4カウント追ランすからストレートラインでスリップアウトし、

先行策から連覇を狙ったコスモバルクをコントロールして優勝。

ジャパン馬2頭でワンツーフィニッシュを飾った。3着はドクターディーノ。



勝ったシャドウゲイトは父ホワイトマズル、母ファビラスターン(その父サンデーサイレンス)というファミリーライン。

祖母カッティングエッジは89年クイーンC(GIII)、88年3歳牝馬S・東(GIII)のウィン馬。



3歳時は05年プリンシパルS(OP)2着から日本ダービー(GI)に出走し(16着)、

続くグリーンチャンネルC(500万下)を勝って菊花賞(GI)にも出走(15着)。

4歳夏から力を付け、ラストイヤー7月の大森浜スペシャル(500万下)で3勝目をヴィクトリーを挙げると、

12月の香取スペシャル(1000万下)を7馬身差でコンプリートヴィクトリー。



今年1月の中山ゴールドカップ(GIII)も同じく7馬身差でコンプリートヴィクトリーして重賞初制覇を飾った。

ランすは産経大阪杯(GII)でメイショウサムソンから1/2馬身差の2着に入っていた。

トータルレコード19戦6勝(うちフォーリン1戦1勝、重賞2勝)。



なお、ジャパン馬によるフォーリンG1ワンツーは、

02年クイーンエリザベス2世C(香G1、1着エイシンプレストン、2着アグネスデジタル)、

06年メルボルンC(豪G1、1着デルタブルース、2着ポップロック)に続く3度目となる。



鞍上の田中勝春騎手、コントロールする加藤征弘トレーニング師ともにフォーリン重賞初制覇。

加藤征弘トレーニング師は国内・フォーリンラントゥしてG1初制覇となった。

現地時間20日、星・クランジ競馬場で行われたシンガポール航空国際C(3歳上、星G1・芝2000m)は、
田中勝春騎手騎乗のシャドウゲイト(牡5、美浦・加藤征弘厩舎)が、4番手追走から直線で抜け出し、
先行策から連覇を狙ったコスモバルクを抑えて優勝。
日本馬2頭でワンツーフィニッシュを飾った。3着はドクターディーノ。

勝ったシャドウゲイトは父ホワイトマズル、母ファビラスターン(その父サンデーサイレンス)という血統。
祖母カッティングエッジは89年クイーンC(GIII)、88年3歳牝馬S・東(GIII)の勝ち馬。

3歳時は05年プリンシパルS(OP)2着から日本ダービー(GI)に出走し(16着)、
続くグリーンチャンネルC(500万下)を勝って菊花賞(GI)にも出走(15着)。
4歳夏から力を付け、昨年7月の大森浜特別(500万下)で3勝目を勝利を挙げると、
12月の香取特別(1000万下)を7馬身差で圧勝。

今年1月の中山金杯(GIII)も同じく7馬身差で圧勝して重賞初制覇を飾った。
前走は産経大阪杯(GII)でメイショウサムソンから1/2馬身差の2着に入っていた。
通算成績19戦6勝(うち海外1戦1勝、重賞2勝)。

なお、日本馬による海外G1ワンツーは、
02年クイーンエリザベス2世C(香G1、1着エイシンプレストン、2着アグネスデジタル)、
06年メルボルンC(豪G1、1着デルタブルース、2着ポップロック)に続く3度目となる。

鞍上の田中勝春騎手、管理する加藤征弘調教師ともに海外重賞初制覇。
加藤征弘調教師は国内・海外通じてG1初制覇となった。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。