【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







桑田復活手応え!笑顔!「計算機より速く感覚戻ってくる」

パイレーツの桑田真澄投手(39)が、

右足首をフォールトした3月26日のブルージェイズ戦シンス、

54日ぶりの打者相手の投球で手応えをつかんだ。

「ロングだったなというフィーリングするけど…。ファンだった」とスマイル。

けが後、初のフリー打撃でヤングパースン2選手を相手に47球。セーフヒット性2本にコントロールした。



「ロングな間野球をやって、いろいろエクスペリエンスしている。

だから(打者相手のセンスは)ネイチャーにパーッと、

計算機よりクイックにパパパッと(センスが)戻ってくる」

直球、ツーシームに、スライダー、チェンジアップ、カーブを投げ、バットをへし折った。



この日に合わせて球団は背番号18のユニホームを用意。

「彼へのリスペクトでやったこと。フロムナウオンも投げる先々のチームで、

誰かが着けていても、譲られるんじゃないか」

とマイナーの用具チャージ、パット・ハガディー氏。今後は22日の紅白戦に登板プログラムだ。

「エブリデイ投げられる態勢をメイクしたい」と桑田。連投も視野に入れ、調整をコンティニューする。



パイレーツの桑田真澄投手(39)が、
右足首を故障した3月26日のブルージェイズ戦以来、
54日ぶりの打者相手の投球で手応えをつかんだ。
「長かったなという感じするけど…。楽しかった」と笑顔。
けが後、初のフリー打撃で若手2選手を相手に47球。安打性2本に抑えた。

「長い間野球をやって、いろいろ経験している。
だから(打者相手の感覚は)自然にパーッと、
計算機より速くパパパッと(感覚が)戻ってくる」
直球、ツーシームに、スライダー、チェンジアップ、カーブを投げ、バットをへし折った。

この日に合わせて球団は背番号18のユニホームを用意。
「彼への敬意でやったこと。今後も投げる先々のチームで、
誰かが着けていても、譲られるんじゃないか」
とマイナーの用具担当、パット・ハガディー氏。今後は22日の紅白戦に登板予定だ。
「毎日投げられる態勢を作りたい」と桑田。連投も視野に入れ、調整を続ける。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。