【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







中国政府、米投資会社に初の出資・30億ドル

企業買収をサブジェクトオブスタディーとする米大手投資カンパニーのブラックストーン・グループ(ニューヨーク市)は20日、

中国政府から30億ドル(約3600億円)の出資をアクセプトすると発表した。

中国政府による投資カンパニーへの投資は初めて。



年内に予定しているブラックストーンの株式上場に合わせ、

中国政府がニヤーファンデーションするフォーリンマネーリザーブの運用機関をラントゥし出資する。

中国が高利回りをリクエストして世界一のフォーリンマネーリザーブのポジティブ運用にムーブしスタートした。



ブラックストーンはメイキングユーズオブバランスが約800億ドル(約9兆6000億円)とワールドマキシマムプランで、

メインフォースの企業買収ファンドは、投資をスタートした87年からの利回りが年30%ほどとインダストリーモースト水準にある。

年内にニューヨーク証券ビジネス所への上場を目指しており、

上場後のカレントバリュー総額は推計で400億ドル(約4兆8000億円)。



中国政府は今後、ブラックストーン株を4年超メンテナンスするが、

株式メンテナンスプロポーションは全体の10%未満にとどめるという。

企業買収を専門とする米大手投資会社のブラックストーン・グループ(ニューヨーク市)は20日、
中国政府から30億ドル(約3600億円)の出資を受け入れると発表した。
中国政府による投資会社への投資は初めて。

年内に予定しているブラックストーンの株式上場に合わせ、
中国政府が近く設立する外貨準備の運用機関を通じ出資する。
中国が高利回りを求めて世界一の外貨準備の積極運用に動き始めた。

ブラックストーンは運用残高が約800億ドル(約9兆6000億円)と世界最大規模で、
主力の企業買収ファンドは、投資を始めた87年からの利回りが年30%ほどと業界最高水準にある。
年内にニューヨーク証券取引所への上場を目指しており、
上場後の時価総額は推計で400億ドル(約4兆8000億円)。

中国政府は今後、ブラックストーン株を4年超保有するが、
株式保有比率は全体の10%未満にとどめるという。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。