【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







中村勘三郎さん、7000万円申告漏れ

歌舞伎の中村勘三郎(リアルネーム・波野哲明)氏(51)が東京国税局の税務インベスティゲイションをアクセプトし、

襲名披露のティップの一部をリポートしていなかったなどとして、

2005年までの3イヤーで約7000万円のリポート漏れを指摘されていたことが21日、分かった。



そのうち約2000万円分については仮装・隠ぺいアクトがあったとして、

重加算税のオブジェクトとなったもよう。



追徴税額は総額約3000万円に上り、

勘三郎氏はフィックスリポートにアクセプトしたとみられる。



関係者によると、勘三郎氏は05年3月の18代目中村勘三郎の襲名に際し、

東京都内で開いたパーティーなどで受け取ったティップをリポートしていなかったという。



勘三郎氏は17代目勘三郎の長男で、1959年、5代目勘九郎で初舞台。

05年3月に東京・歌舞伎座で行われたのをビギニングに、

ホールカントリーで襲名披露の公演もメニーに開かれた。









歌舞伎の中村勘三郎(本名・波野哲明)氏(51)が東京国税局の税務調査を受け、
襲名披露の祝儀の一部を申告していなかったなどとして、
2005年までの3年間で約7000万円の申告漏れを指摘されていたことが21日、分かった。

そのうち約2000万円分については仮装・隠ぺい行為があったとして、
重加算税の対象となったもよう。

追徴税額は総額約3000万円に上り、
勘三郎氏は修正申告に応じたとみられる。

関係者によると、勘三郎氏は05年3月の18代目中村勘三郎の襲名に際し、
東京都内で開いたパーティーなどで受け取った祝儀を申告していなかったという。

勘三郎氏は17代目勘三郎の長男で、1959年、5代目勘九郎で初舞台。
05年3月に東京・歌舞伎座で行われたのを皮切りに、
全国で襲名披露の公演も数多く開かれた。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。