【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







「CM好感度」、日本コカ・コーラが2年連続首位

CM総合研究所(東京・港)は21日、2006イヤーにCMで消費者のグッドフィーリング度やバイウィルなどを高め、

ブランドバリューのライズにつなげた企業のランキングを発表した。



ファーストプレイスは2年連続でジャパンコカ・コーラ。ホーストコンピューターには資生堂やハウス食品などライフ関連の企業、携帯テレフォン会社が目立った。

エブリマンス3000人にアンケートインベスティゲイションしたリザルトを集計した。



ジャパンコカ・コーラは「ジョージア」などスタンダードブランドのほか新商品も好感度が高かった。

資生堂はヘアケア商品「TSUBAKI」でグレートなCMを展開し、4位に入った。

携帯電話カンパニーでは、ソフトバンクモバイルが「予想外」のCMなどでノーティスをコレクトし、ラストイヤーの33位から10位に上昇。

NTTドコモ(6位)やKDDI(11位)などもホーストコンピューターに入った。



CM総合研究所(東京・港)は21日、2006年度にCMで消費者の好感度や購入意欲などを高め、
ブランド価値の向上につなげた企業のランキングを発表した。

首位は2年連続で日本コカ・コーラ。上位には資生堂やハウス食品など生活関連の企業、携帯電話会社が目立った。
毎月3000人にアンケート調査した結果を集計した。

日本コカ・コーラは「ジョージア」など定番ブランドのほか新商品も好感度が高かった。
資生堂はヘアケア商品「TSUBAKI」で大々的なCMを展開し、4位に入った。
携帯電話会社では、ソフトバンクモバイルが「予想外」のCMなどで注目を集め、前年の33位から10位に上昇。
NTTドコモ(6位)やKDDI(11位)なども上位に入った。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。