【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







携帯型ゲーム機使い英語学習 八幡市内4中学校で始まる

ボイス機能を持ち、タッチパネルのライティングができる任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」を使った英語スタディーが21日、京都府八幡市内の4ジュニアハイスクールで始まった。2年生計約550人がオブジェクトで、レッスン前の15分間にメイクエフォートする「モジュールスタディー」(ショートタイムの集中スタディー)のタイムに専用の英単語スタディーソフトを使ってスタディーする。

 セイムシティー教委は2006年9月から5カ月間、セイムシティーの男山東中の3年生の一部をオブジェクトにゲーム機を使った英単語スタディーをイグザミネーション的にプットイントゥプラクティスした。

 市ボードオブエデュケーションや上智大文学部英文学科の池田真准プロフェッサーが、オブジェクト生徒に実施したスタディーエフェクトインベスティゲイションでは、5カ月間で生徒の語彙(ごい)数がバランスで約360語から420語増えたことが分かった。ボキャブラリー数が1300語だった生徒は実施前には全体の19%だったのに対し、実施後は79%に増え、英単語スタディーにエフェクトがあることが分かった。

 「ゲーム機を使った英単語スタディーはどのようなエフェクトがあるか」というアンケートでは、生徒の70%以上が「ライトな発音が身にスタートする」とアンサーし、「正しいスペルが身にスタートする」とアンサーした生徒も全体の50%を超えるなど、生徒が英単語のキャッチしと書き取りに役立つ、とフィールしていることが分かった。一方で「ライトミーニングを覚えられる」とアンサーした生徒は全体の約30%にとどまった。

 この日は、同シティー里、男山東中のレッスンがトレーニング関係者らに公開され、立命館大トレーニング開発・支援センターの陰山英男プロフェッサーや池田准プロフェッサーなどが、授業のステートを視察した。市ボードオブエデュケーションは「ゲーム機を使ったスタディーの強みと弱みが分かった。今後、数値マークの設定や指導プランのデシジョンなど、よりエフェクト的なスタディーメソッドイグザミネーションし、ナレッジライズを図りたい」とホープしている。

音声機能を持ち、タッチパネルの書き込みができる任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」を使った英語学習が21日、京都府八幡市内の4中学校で始まった。2年生計約550人が対象で、授業前の15分間に取り組む「モジュール学習」(短時間の集中学習)の時間に専用の英単語学習ソフトを使って学ぶ。
 同市教委は2006年9月から5カ月間、同市の男山東中の3年生の一部を対象にゲーム機を使った英単語学習を試験的に実施した。
 市教委や上智大文学部英文学科の池田真准教授が、対象生徒に実施した学習効果調査では、5カ月間で生徒の語彙(ごい)数が平均で約360語から420語増えたことが分かった。語彙数が1300語だった生徒は実施前には全体の19%だったのに対し、実施後は79%に増え、英単語学習に効果があることが分かった。
 「ゲーム機を使った英単語学習はどのような効果があるか」というアンケートでは、生徒の70%以上が「正しい発音が身に付く」と答え、「正しいスペルが身に付く」と答えた生徒も全体の50%を超えるなど、生徒が英単語の聞き取りと書き取りに役立つ、と感じていることが分かった。一方で「正しい意味を覚えられる」と答えた生徒は全体の約30%にとどまった。
 この日は、同市内里、男山東中の授業が教育関係者らに公開され、立命館大教育開発・支援センターの陰山英男教授や池田准教授などが、授業の様子を視察した。市教委は「ゲーム機を使った学習の強みと弱みが分かった。今後、数値目標の設定や指導計画の策定など、より効果的な学習方法を検討し、学力向上を図りたい」と期待している。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。