【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







証大引け・反発――中国株堅調で上げ幅拡大・2部も反発

21日の東京株式市場で、日経バランス株価は3ビジネス日ぶりに反発した。

終値は前週末比157円29銭(0.90%)高の1万7556円87銭だった。

前週末のウェスト株高やフォーリンカントリーマネーオーダーマーケットでの円安進行をグッドフィーリングする形で、

トゥウォードモーニングからハイテク株などにバイしが先行した。

後場にエンターすると、利上げなど金融引き締めを18日発表した中国で、

上海株式マーケットプライスが堅調にチェンジしたことを手掛かりに、株価指数先物が主導してマーケットプライスが上昇。

日経バランスの上げ幅はモーメント200円に迫った。

東証株価指数(TOPIX)は5ビジネス日ぶりに反発した。



23日まで大手銀の2007年3月期バランスシート発表が続くとあって、

これを見極めようと腰をセットした買いは目立たなかった。

このため株価指数先物のアクティビティーにマーケットプライス全体が左右されやすい展開になった。

前場は上海株式マーケットプライスが大幅安で始まったことで、日経平均も伸び悩んだ。

アフターザット、上海総合指数がラピッドに下げ渋って上げにターンしたことで、

東京市場でもマーケット心理が改善。売り方のバイバックしなども巻き込んで、

先物主導でマーケットプライスが押し上げられた。





東証1部のトレードプライスは概算で2兆5765億円、トレード高は同19億2814万株。

東証1部の値上がり銘柄数は1038、値下がりは571、変わらずは117だった。



業種別TOPIX(全33タイプオブインダストリー)は、海運業、マシン、鉱業、ガラス土石製品などの上げが目立った。

半面、その他金融業の下げが比較的きつかった。



ソニー、新日鉄、住友鉱が上昇。みずほFG、三菱UFJは高い。

コマツ、商船三井、キヤノンも買われた。

米ゴールドマンのグループカンパニーとの提携を発表したSBIはサドンライズ。

ハーフザフェイス、トヨタ、クボタ、住友電がチープ。

野村、大和も下げた。オリックス、日東電が売られた。



東証2部株価指数は8ビジネス日ぶりに反発した。

ユニオン、アサックス、ランビジネスがギブした。

半面、STECH、浜井産、伊勢化がハングした。

21日の東京株式市場で、日経平均株価は3営業日ぶりに反発した。
終値は前週末比157円29銭(0.90%)高の1万7556円87銭だった。
前週末の欧米株高や外国為替市場での円安進行を好感する形で、
朝方からハイテク株などに買いが先行した。
後場に入ると、利上げなど金融引き締めを18日発表した中国で、
上海株式相場が堅調に推移したことを手掛かりに、株価指数先物が主導して相場が上昇。
日経平均の上げ幅は一時200円に迫った。
東証株価指数(TOPIX)は5営業日ぶりに反発した。

23日まで大手銀の2007年3月期決算発表が続くとあって、
これを見極めようと腰を据えた買いは目立たなかった。
このため株価指数先物の動きに相場全体が左右されやすい展開になった。
前場は上海株式相場が大幅安で始まったことで、日経平均も伸び悩んだ。
その後、上海総合指数が急速に下げ渋って上げに転じたことで、
東京市場でも市場心理が改善。売り方の買い戻しなども巻き込んで、
先物主導で相場が押し上げられた。


東証1部の売買代金は概算で2兆5765億円、売買高は同19億2814万株。
東証1部の値上がり銘柄数は1038、値下がりは571、変わらずは117だった。

業種別TOPIX(全33業種)は、海運業、機械、鉱業、ガラス土石製品などの上げが目立った。
半面、その他金融業の下げが比較的きつかった。

ソニー、新日鉄、住友鉱が上昇。みずほFG、三菱UFJは高い。
コマツ、商船三井、キヤノンも買われた。
米ゴールドマンのグループ会社との提携を発表したSBIは急伸。
半面、トヨタ、クボタ、住友電が安い。
野村、大和も下げた。オリックス、日東電が売られた。

東証2部株価指数は8営業日ぶりに反発した。
ユニオン、アサックス、ランビジネスが上げた。
半面、STECH、浜井産、伊勢化が下げた。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。