【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







たばこ代、2倍なら3割が禁煙検討・京大教授ら分析

京都大学の依田高典プロフェッサーと甲南大学の後藤励准プロフェッサーらのグループは21日、

ジャパンのたばこプライスをカレントの2倍以上とウェストコモンに値上げすると、

ヘビースモーカーの約3割が禁煙をトライするとの分析リザルトをまとめた。



ニコチンへの依存度が高いとヘルス被害などをコールアポンしても効果がなく、

スタディーグループでは「スモーキング者を減らすにはたばこを大幅に値上げするネセサリーがある」とスピークしている。



インベスティゲイションは約600人のスモーキング者をオブジェクトにインターネットで実施。

1日にスモークする本数や、「朝起きて5分インサイドオブにたばこをスモークする」といった行動からニコチン依存度別に3グループにカテゴリー

禁煙にウィルをショーするコンディションを行動ビジネス学の手法で分析した。



最もニコチンへの依存度が高いグループでは、たばこプライスが1箱600円になると

、やめたいとシンクする人が3割。700円を超えると約ハーフミニット、

1000円なら9割が「禁煙をシンクアバウトする」となった。



その一方で、依存度が高いグループの人は

「路上でのスモーキングファインを科す」

「スモーキングで自分のデスリスクやヘルスダメージライズする」

「たばこを吸わないファミリーの肺がんリスクがグローする」

と聞いても、禁煙をプレスするエフェクトはなかったという。

京都大学の依田高典教授と甲南大学の後藤励准教授らのグループは21日、
日本のたばこ価格を現在の2倍以上と欧米並みに値上げすると、
ヘビースモーカーの約3割が禁煙を試みるとの分析結果をまとめた。

ニコチンへの依存度が高いと健康被害などを唱えても効果がなく、
研究グループでは「喫煙者を減らすにはたばこを大幅に値上げする必要がある」と話している。

調査は約600人の喫煙者を対象にインターネットで実施。
1日に吸う本数や、「朝起きて5分以内にたばこを吸う」といった行動からニコチン依存度別に3グループに分類。
禁煙に意欲を見せる条件を行動経済学の手法で分析した。

最もニコチンへの依存度が高いグループでは、たばこ価格が1箱600円になると
、やめたいと思う人が3割。700円を超えると約半分、
1000円なら9割が「禁煙を考える」となった。

その一方で、依存度が高いグループの人は
「路上での喫煙に罰金を科す」
「喫煙で自分の死亡リスクや健康被害が高まる」
「たばこを吸わない家族の肺がんリスクが増す」
と聞いても、禁煙を促す効果はなかったという。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。