【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







松ちゃん「大日本人」に10カ国からの配給オファーが殺到!

19日にカンヌ国際映画祭で初公開されたダウンタウン、

松本人志(43)の初監督ワーク「大日本人」(6月2日公開)に、

フォーリンからの配給オファーがラッシュしていることが21日、分かった。



宣伝チャージ者によると、アクチュアルプレイスタイム19日アフターヌーン10時に上映されたばかりの同ワークに、

この日モーニングまでで北米、欧州、アジアの計10カ国から問い合わせがあったという。



チャージ者は「上映をアクセプトして(サブジェクトをビューした上で)のオファーだから、ストリームも良いですね」と、

素早いバイヤーたちの反応に、フォーリン公開にポイントした追い風ムードをヒシヒシ。

アーリーならば年末にもフォーリン公開がスタートするポッシブル性もあるという。



相次ぐオファーに海外配給権を持つ製作の吉本興業・大崎洋副カンパニープレジデントは

「結果として、お話を頂いていますが、フォーリンでの配給についてはまだマテリアル的に何も決まっていません」

としている。



しかし、エッセンス2タイムでフランス、米国をはじめフォーリンメディアの取材が約30件。

ムービー祭オフィシャルリポーターオーディエンスにはイーチネイションから約100人がギャザーし、ノーティス度の高さをショーしていた。

オフィシャルオーディエンスでは「北野武(監督)の後継者と見られるプレッシャーがあるのではないか」と、

フォーリンでも評価の高いワールドのキタノになぞらえたクェスチョンが出るなど、

初メガホンで監督としての評価を確実にした松ちゃん。



ワールドエブリプレイスで“マツモトブーム”がウィンドしハプンしそうなフォースだ。

19日にカンヌ国際映画祭で初公開されたダウンタウン、
松本人志(43)の初監督作品「大日本人」(6月2日公開)に、
海外からの配給オファーが殺到していることが21日、分かった。

宣伝担当者によると、現地時間19日午後10時に上映されたばかりの同作品に、
この日午前までで北米、欧州、アジアの計10カ国から問い合わせがあったという。

同担当者は「上映を受けて(内容を観た上で)のオファーだから、流れも良いですね」と、
素早いバイヤーたちの反応に、海外公開に向けた追い風ムードをヒシヒシ。
早ければ年末にも海外公開がスタートする可能性もあるという。

相次ぐオファーに海外配給権を持つ製作の吉本興業・大崎洋副社長は
「結果として、お話を頂いていますが、海外での配給についてはまだ具体的に何も決まっていません」
としている。

しかし、実質2日間でフランス、米国をはじめ海外メディアの取材が約30件。
映画祭公式記者会見には各国から約100人が集まり、注目度の高さを示していた。
公式会見では「北野武(監督)の後継者と見られるプレッシャーがあるのではないか」と、
海外でも評価の高い世界のキタノになぞらえた質問が出るなど、
初メガホンで監督としての評価を確実にした松ちゃん。

世界各地で“マツモトブーム”が巻き起こりそうな勢いだ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。