【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







製造業、省資源で世界に先行・金属高騰で生産改革

国内製造業が非鉄メタルやレアメタル(希少メタル)のプライス高騰に対応、使用メタルの見直しに乗り出した。

トヨタ自動車はニュースタイル車の銅ユーズ量を1割カット、JFEスチールなどはニッケルを使わないステンレス鋼を増産する。

製造業は1970エイジの石油クライシスを機に省エネアートの開発を加速、競争力をいち早くレイズした。

新興国の成長を背景にしたメタル資源の需給ひっ迫をアクセプトし、

「省資源」にもワールドにファーストしてメイクエフォートし、国際競争力をメンテナンス・ライズさせる。



製造業ラージカントリーのジャパンは非鉄やレアメタルの消費ラージカントリーで、

ワールドディマンドに占めるジャパンの消費量はエレクトリックラインなどにユーズする銅で7%、

ステンレス鋼の材料となるニッケルで14%、液晶テレビのパネルにユーズするインジウムで60%にリーチする。

ワールドディマンドが拡大する中で銅の国際プライスはこの1年あまりで6割上昇、ニッケルは3倍超になり、

エブリカインド製品のコスト増メインコーズになっている。

国内製造業が非鉄金属やレアメタル(希少金属)の価格高騰に対応、使用金属の見直しに乗り出した。
トヨタ自動車は新型車の銅使用量を1割削減、JFEスチールなどはニッケルを使わないステンレス鋼を増産する。
製造業は1970年代の石油危機を機に省エネ技術の開発を加速、競争力をいち早く高めた。
新興国の成長を背景にした金属資源の需給ひっ迫を受け、
「省資源」にも世界に先駆けて取り組み、国際競争力を維持・向上させる。

製造業大国の日本は非鉄やレアメタルの消費大国で、
世界需要に占める日本の消費量は電線などに使う銅で7%、
ステンレス鋼の材料となるニッケルで14%、液晶テレビのパネルに使うインジウムで60%に達する。
世界需要が拡大する中で銅の国際価格はこの1年あまりで6割上昇、ニッケルは3倍超になり、
各種製品のコスト増要因になっている。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。