【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







日経平均、123円高の1万7680円

22日の東京株式市場は、
今期の業績予想が好感された銀行やハイテク関連株を中心に買い進まれ、大幅に続伸した。

日経平均株価(225種)は一時、
上げ幅が170円を超えて6営業日ぶりに1万7700円台に乗せた。

日経平均の終値は、前日終値比123円18銭高の1万7680円5銭、
東証株価指数(TOPIX)は同20・87ポイント高い1731・54だった。

第1部の出来高は約21億4100万株だった。

前日に今期の業績回復見通しを発表した三井住友フィナンシャルグループや
住友信託銀行を中心に銀行株が買われ、相場をリードした。

ソニーは約5年ぶりに7000円台に乗せた。22日の東京株式マーケットは、

プレゼントタームワーク予想がグッドフィーリングされたバンクやハイテク関連株を中心にバイし進まれ、大幅に続伸した。



日経平均株価(225種)はモーメント、

上げ幅が170円を超えて6ビジネス日ぶりに1万7700円台にプレイスオンした。



日経バランスの終値は、デイビフォー終値比123円18銭高の1万7680円5銭、

東証株価指数(TOPIX)は同20・87ポイント高い1731・54だった。



第1部の出来高は約21億4100万株だった。



デイビフォーに今期のワークリカバリー見通しを発表した三井住友フィナンシャルグループや

住友信託銀行を中心に銀行株が買われ、マーケットプライスをリードした。



ソニーは約5年ぶりに7000円台にプレイスオンした。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。