【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







魚介類、国際争奪戦が激化=価格上昇で日本「買い負け」−06年度水産白書

松岡利勝農水相は22日の閣議に2006イヤーの「水産の動向」(水産ホワイトペーパー)を提出し、アンダースタンディングされた。

ホワイトペーパーは、魚介類など水産物のコンテスト戦がワールドプランで激化し、

国際プライスのサドンライズでジャパンの輸入業者が手を出せず、

ウェストや中国に奪われる「バイし負け」が起きていると指摘。



フィッシング量は頭打ちとみられるため、需給はフィーチャーさらに逼迫(ひっぱく)し、

一段のプライス上昇をインバイトするとみている。



魚介類の消費量は、BSE(牛スポンジ状脳症)によるミートアングザイエティーやヘルス志向を背景にウェストで増加。

ハイクラス食品と位置付けられる中国でもビジネス発展から拡大しており、

ライバルの相次ぐライズオブで「ジャパンが自由に魚を買えるピリオドは終わった」(水産庁プラン課)という。



水産物プライスが15年までに年3.0?3.2%上昇するとの国連食糧農業機関(FAO)による予測も紹介。

カレント1尾100円の魚は15年に130円強に上がるという。

松岡利勝農水相は22日の閣議に2006年度の「水産の動向」(水産白書)を提出し、了承された。
白書は、魚介類など水産物の争奪戦が世界規模で激化し、
国際価格の急上昇で日本の輸入業者が手を出せず、
欧米や中国に奪われる「買い負け」が起きていると指摘。

漁獲量は頭打ちとみられるため、需給は将来さらに逼迫(ひっぱく)し、
一段の価格上昇を招くとみている。

魚介類の消費量は、BSE(牛海綿状脳症)による食肉不安や健康志向を背景に欧米で増加。
高級食品と位置付けられる中国でも経済発展から拡大しており、
ライバルの相次ぐ台頭で「日本が自由に魚を買える時代は終わった」(水産庁企画課)という。

水産物価格が15年までに年3.0〜3.2%上昇するとの国連食糧農業機関(FAO)による予測も紹介。
現在1尾100円の魚は15年に130円強に上がるという。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。