【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







サトエリ演出「ヅラに勝ちます」

批評家ウィーク(フランス批評家連盟主催)に出品されている

フールども、悲しみの愛をショー」(監督吉田大八)主演の佐藤江梨子(25)が22日、

オフィシャル上映を前にオーディエンス



スタートタイムに20分ほどレイトして登場したサトエリは

「胸の谷間つくってたらレイトになっちゃって」とムード。



3年前にリポーターとしてヴィジットしてシンス2度目のカンヌ。

上映前のレッドカーペットにはスペシャルオーダーの着物ドレスを用意しており、

ちょんまげカツラでスピリットを抜いた北野監督に対して「インパクトはヅラにウィンします」と“ヴィクトリー宣言”した。



フランスといえば、元恋人の市川海老蔵(29)が3月末にパリで歌舞伎公演をした国。

交際していたアクトレスの米倉涼子(31)が同公演を観劇していたことも発覚しており、

マインドジェントルではないはず。



破局については「いろいろ嫌なことがありましたから…」とリファレンスし、

次々とラブインフォメーションが飛び出す海老蔵については「いいんじゃないですか、お盛んで」と、

15日に米倉が海老蔵に送ったのとセイムフレーズでコメントした。

共演は佐津川愛美(18)ら。7月上旬公開。

批評家週間(フランス批評家連盟主催)に出品されている
「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」(監督吉田大八)主演の佐藤江梨子(25)が22日、
公式上映を前に会見。

開始時間に20分ほど遅れて登場したサトエリは
「胸の谷間つくってたら遅くなっちゃって」とご機嫌。

3年前にリポーターとして訪れて以来2度目のカンヌ。
上映前のレッドカーペットには特注の着物ドレスを用意しており、
ちょんまげカツラで度肝を抜いた北野監督に対して「インパクトはヅラに勝ちます」と“勝利宣言”した。

フランスといえば、元恋人の市川海老蔵(29)が3月末にパリで歌舞伎公演をした国。
交際していた女優の米倉涼子(31)が同公演を観劇していたことも発覚しており、
心中穏やかではないはず。

破局については「いろいろ嫌なことがありましたから…」と言及し、
次々と恋愛報道が飛び出す海老蔵については「いいんじゃないですか、お盛んで」と、
15日に米倉が海老蔵に送ったのと同じフレーズでコメントした。
共演は佐津川愛美(18)ら。7月上旬公開。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。