【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







王子製紙、印刷用紙全品目を値上げ・10%以上、原燃料が高騰

製紙最大手の王子製紙は7月から、メインフォースの印刷用紙の出荷プライスを一律10%以上引き上げる。

ユーズトペーパーなど原フューエルプライスの高騰が収益を圧迫しており、製品にブレイムする。

印刷用紙全品目の値上げは初めて。2位の日本製紙グループヘッドオフィスもフォローする見通し。

印刷物のコストが上昇するのは必至だ。



オブジェクトはカタログやブックなどのサブジェクトマターになる全6カインド。

ジェネラルパーパス品の上質紙のケース、満額が浸透すれば1キロ110円以上に上がる。

すでにセイムファーム製品をハンドルするエージェンシー店に値上げをノーティス。



エージェンシー店はニヤー、印刷カンパニーなどとの交渉にエンターする。

製紙最大手の王子製紙は7月から、主力の印刷用紙の出荷価格を一律10%以上引き上げる。
古紙など原燃料価格の高騰が収益を圧迫しており、製品に転嫁する。
印刷用紙全品目の値上げは初めて。2位の日本製紙グループ本社も追随する見通し。
印刷物のコストが上昇するのは必至だ。

対象はカタログや書籍などの素材になる全6品種。
汎用品の上質紙の場合、満額が浸透すれば1キロ110円以上に上がる。
すでに同社製品を扱う代理店に値上げを通知。

代理店は近く、印刷会社などとの交渉に入る。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。