【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







ミクシィ巡る男女トラブル 巻き込まれない方法

「リアルで会ってとしつこく迫られる」





強姦事件の方は5月17日、京都地裁で初公判があった。

イグザミネーション側ビギニング陳述によると、被告の男性(33)は06年11マンス、

ウーマンのパーソナルヒストリーをミクシィで見てインタレストを持ち、何度もメールを送って携帯テレフォンのナンバーを聞き出した上、

ウーマンを呼び出した。そして、山中にエンドしたオートモビール内でウーマンに暴行した。

口止めするため「彼氏もミクシィやってるから彼氏にメールしてもいい」と脅した。

ウーマンは断りコンティニューするとミクシィに悪口を書かれるとシンクし根負けして呼び出しにアクセプトした。

被告のマンは否認している。



ただ、「一人暮らしをしているウーマンをmixiやブログで探している(略)。世の中にはそんなバッドなやつが存在します」。

ミクシィ内には、サッチアテンションをコールアウトトゥするコミュニティもある。

ミクシィのパーソナルヒストリーに一人暮らしであることを堂々とライトし、

勤務先やスクールなどの個人情報を公開している人がいることにファイヤーベルをリングしている。

ほかにも「リアルで会ってとしつこく迫られる」「しつこくマイミクに誘われる」

などのウォリードし事の情報交換をコールアウトトゥするものもある。

「俺のマイミクのガールも暴行までいかなかったけどやっぱりストーカーダメージにあって(京都のイベントと)

イコールトゥに彼氏にバラス(ママ)とか何とか言われて脅されて(略)」というリポートもあった。



「ミクシィ(mixi)で何ができるのか?」の著者で野村総研の主席スタディー員の山崎秀夫さんは、

こうした状況を踏まえたうえで、ネットユーズは今やソサエティーファンデーションになっており、

どう有効ユーズし、デンジャーを避けるかのディスカッションをしなければならない、と指摘する。







「会ってもグッドとデシジョンできるまでは、ダイレクトミートすることは避けましょう」



インターネット上のミーティングは、実際に会ってフードアンドドリンクするまでになるのがショートなのが特徴だ。

1カ月もたたず、どういう人かよく分からない内にトゥギャザーにドリンクしに行こうという話になることも珍しくない。

グループで行くならまだしもマンアンドウーマンがいきなり1対1でミートするのは余程のアテンションが必要だ。



京都のイベントでは、ウーマンがしつこい被告男性に根負けする形でテレフォンナンバーをリポートした。



「厳しいスピーキングスタイルをすれば、コントロール者側へマンからのアクセス拒否を求めるなどの毅然とした対応がネセサリーだった。

ミクシィは協力的なはずだ。ネット上でソーシャルライフをスプレッドするにはポジティブ性がネセサリーだが、

個人がデンジャー性を認識するなどしっかり自立したデシジョン力を持つことがリーズンだ」



その一方でミクシィにもオーダーを付ける。



「SNS人口のサドンなスプレッドに対し、ユーズ者のデンジャー性の意識はプレゼントコンディションよりレイトする傾向にあるのもファクトだ。

ミクシィは、インヴィテーション制をとって不特定グレートナンバーではない人との交流という建前でやっているが、

参加者が膨大な数になり形骸化している。不スペシャルグレートナンバーとの交流にはデンジャーがブリングウィズする。

何らかの対応が求められる」



ミクシィはユーズ上のアテンションの欄で、例えば、ダイレクトのフレンドでない人とミートするケース

「会ってもグッドとデシジョンできるまでは、ダイレクトミートすることは避けましょう」などと注意を呼びかけている。



「リアルで会ってとしつこく迫られる」


強姦事件の方は5月17日、京都地裁で初公判があった。
検察側冒頭陳述によると、被告の男性(33)は06年11下旬、
女性の経歴をミクシィで見て興味を持ち、何度もメールを送って携帯電話の番号を聞き出した上、
女性を呼び出した。そして、山中に止めた乗用車内で女性に暴行した。
口止めするため「彼氏もミクシィやってるから彼氏にメールしてもいい」と脅した。
女性は断り続けるとミクシィに悪口を書かれると思い根負けして呼び出しに応じた。
被告の男性は否認している。

ただ、「一人暮らしをしている女性をmixiやブログで探している(略)。世の中にはそんな悪いやつが存在します」。
ミクシィ内には、こんな注意を呼びかけるコミュニティもある。
ミクシィの経歴に一人暮らしであることを堂々と書き、
勤務先や学校などの個人情報を公開している人がいることに警鐘を鳴らしている。
ほかにも「リアルで会ってとしつこく迫られる」「しつこくマイミクに誘われる」
などの困り事の情報交換を呼びかけるものもある。
「俺のマイミクの女の子も暴行までいかなかったけどやっぱりストーカー被害にあって(京都の事件と)
同様に彼氏にバラス(ママ)とか何とか言われて脅されて(略)」という報告もあった。

「ミクシィ(mixi)で何ができるのか?」の著者で野村総研の主席研究員の山崎秀夫さんは、
こうした状況を踏まえたうえで、ネット利用は今や社会基盤になっており、
どう有効利用し、危険を避けるかの議論をしなければならない、と指摘する。



「会っても良いと判断できるまでは、直接会うことは避けましょう」

インターネット上の出会いは、実際に会って飲食するまでになるのが短いのが特徴だ。
1カ月もたたず、どういう人かよく分からない内に一緒に飲みに行こうという話になることも珍しくない。
集団で行くならまだしも男女がいきなり1対1で会うのは余程の注意が必要だ。

京都の事件では、女性がしつこい被告男性に根負けする形で電話番号を伝えた。

「厳しい言い方をすれば、管理者側へ男性からのアクセス拒否を求めるなどの毅然とした対応が必要だった。
ミクシィは協力的なはずだ。ネット上で社交を広げるには積極性が必要だが、
個人が危険性を認識するなどしっかり自立した判断力を持つことが前提だ」

その一方でミクシィにも注文を付ける。

「SNS人口の急激な伸びに対し、利用者の危険性の意識は現状より遅れる傾向にあるのも事実だ。
ミクシィは、招待制をとって不特定多数ではない人との交流という建前でやっているが、
参加者が膨大な数になり形骸化している。不特定多数との交流には危険が伴う。
何らかの対応が求められる」

ミクシィは利用上の注意の欄で、例えば、直接の知人でない人と会う場合
「会っても良いと判断できるまでは、直接会うことは避けましょう」などと注意を呼びかけている。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。