【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







長沢まさみがクドカンと初タッグで主演

長沢まさみ(19)が人気脚本家、宮藤官九郎(36)と初めてタッグをプットトゥギャザーする。



宮藤が脚本を書き下ろしたテレビ朝日系のスペシャルドラマ

「ガンジス河でバタフライ(仮題)」(今秋放送)に主演することが22日、分かった。



ライターたかのてるこ氏のリアルエクスペリエンスをもとにしたセイムネーム人気エッセーが原作。

就職イグザミネーションで「ガンジス川でバタフライしました」と口をレットサムスリップし、

インドを旅することになった女子大生(長沢)が、異文化の中で成長していく姿をドローする。



たかの氏が大学の同級生だった宮藤に脚本をオファー。

宮藤はビジーな合間を縫って、初めて取材トラベルを敢行。

インドを約2ウィーク旅して脚本を書き下ろした。



宮藤は「ヘルスがないとキツい役なので、ヘルスなイメージの長沢さんにピッタリ。

『何でもやります!』とおっしゃってくださったので、本当に何でもやってほしいと思って書きました」。



プロミスは「やっぱり長沢さんのバタフライ」とスピークしている。



長澤は7月中旬にガンジス川でバタフライするシーンをレコーディングする。

ムービー「ラフ」ではハイダイブの選手をパフォームしたが、

水泳は「ファンデーション的なクロールなどができるディグリー」。

カレント、アトランタ五輪自由形タイプの井本直歩子氏のもとでバタフライを特訓中だ。



クドカンワーク初ステージアピアランスについて「待ちに待っていたことでした」。

初めてヴィジットするインドで、いきなりガンジス川でバタフライすることについては

「アングザイエティーはありません。やるしかない。アーリーにスウィムしたい?というフィーリングです」

と張り切っている。



長沢まさみ(19)が人気脚本家、宮藤官九郎(36)と初めてタッグを組む。

宮藤が脚本を書き下ろしたテレビ朝日系のスペシャルドラマ
「ガンジス河でバタフライ(仮題)」(今秋放送)に主演することが22日、分かった。

作家たかのてるこ氏の実体験をもとにした同名人気エッセーが原作。
就職試験で「ガンジス川でバタフライしました」と口を滑らし、
インドを旅することになった女子大生(長沢)が、異文化の中で成長していく姿を描く。

たかの氏が大学の同級生だった宮藤に脚本をオファー。
宮藤は多忙な合間を縫って、初めて取材旅行を敢行。
インドを約2週間旅して脚本を書き下ろした。

宮藤は「元気がないとキツい役なので、元気なイメージの長沢さんにピッタリ。
『何でもやります!』とおっしゃってくださったので、本当に何でもやってほしいと思って書きました」。

見どころは「やっぱり長沢さんのバタフライ」と話している。




長澤は7月中旬にガンジス川でバタフライするシーンを収録する。
映画「ラフ」では高飛び込みの選手を演じたが、
水泳は「基本的なクロールなどができる程度」。
現在、アトランタ五輪自由形代表の井本直歩子氏のもとでバタフライを特訓中だ。

クドカン作品初出演について「待ちに待っていたことでした」。
初めて訪れるインドで、いきなりガンジス川でバタフライすることについては
「不安はありません。やるしかない。早く泳ぎたい〜という気持ちです」
と張り切っている。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。