【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







地方の若者も「人間らしく働きたい!」

20日に行われた「ホールカントリーヤングマン大ミーティング2007」は、東京だけでなく各エリアからヤングマンが集まった。

エリアからのヤングマンの声を取材した。



埼玉県ノースから25?6人コンパニオンで来たヤングマンたちは、

ディサイドライフ保障のハットトリック」などのレターが書かれたサッカーの絵を掲げていた。

職種は様々で、ホスピタル、保育、スクール、カンパニー員、派遣社員などだ。

「(ワーク環境がバッドにてヤングマンが)1年インサイドオブに辞めるケースがメニー。ホスピタルや介護士もイコールトゥ」とトークする。

ディマンドは最低賃金1000円以上、サービス残業ウィズアウト、十分な人員確保などだ。



茨城県から来たヤングマンは26?27人のグループ。こちらも職種は様々だ。

センドカンパニーでも、(若者が)センドカンパニーを渡り歩かされている形で転々としている」と、

長期契約にならないように、同じ職場で働いているにもかかわらず、

ショートタームでセンドカンパニーの籍だけ移動させられている偽装請負の実態をパスする。



また「タームが来て(契約ピリオドエンド)、というのもあるが、

いきなり(センドカンパニー側が)因縁をつけて辞めさせられるイグザンプルもある」と、

まるで「労働スタンダード法番外地」のようなケースをトークする。



埼玉県から来たチャイルドコンパニオンの若夫婦もパレードに参加した。

25歳の夫は勤労スチューデントでセンド社員をしており月収は15万円ほど。

「ライフはかなり厳しい」とこぼす。

「残業なしだとサラリーがチープので、やりたくないけどウェイがない」と週5?6日のサービスをこなす。

25歳の妻はカレント求職中だが「(チャイルドを)保育園に入れようとしても『ワークが決まっていないとダメ』、

仕事場は『保育園が決まっていないとダメ』という」と、

ワークをしたくてもできないトラブルトークする。

夫は「子育てのサポートが欲しい」と妻の心境をプッシュし図るようにアクトフォーアナザーする。



現在、厳しいワークコンディションで働いている「ワーキングプア」シミラートゥのフリーターやセンド社員、

正社員はメニーが、声をギブしたくても上げられないのがリアルコンディションだ。

ミーティングに参加して、リブしにくいソサエティーに異議申し立てしたくても

「バイトを休むと収入が減るので行けない」というヤングマンも少なくない。



特に「就職氷河期ワールド」のヤングマンのハイアーコンディション・労働環境は深刻だ。

好景気と言われてハイアーは上向きと言われているが、

レギュラーハイアーは減り非レギュラーハイアーが増えているので、

正社員を目指した就職アクションの厳しさは「就職氷河期」の頃とグレートディッファレンスない。

ヤングマンのハイアー・労働環境の改善が早急に求められる。

20日に行われた「全国青年大集会2007」は、東京だけでなく各地方から若者が集まった。
地方からの若者の声を取材した。

埼玉県北部から25〜6人連れで来た若者たちは、
「決めろ生活保障のハットトリック」などの文字が書かれたサッカーの絵を掲げていた。
職種は様々で、病院、保育、学校、会社員、派遣社員などだ。
「(労働環境が悪くて若者が)1年以内に辞めるケースが多い。病院や介護士も同様」と語る。
要求は最低賃金1000円以上、サービス残業無し、十分な人員確保などだ。

茨城県から来た若者は26〜27人のグループ。こちらも職種は様々だ。
「派遣会社でも、(若者が)派遣会社を渡り歩かされている形で転々としている」と、
長期契約にならないように、同じ職場で働いているにもかかわらず、
短期間で派遣会社の籍だけ移動させられている偽装請負の実態を明かす。

また「期限が来て(契約期間終了)、というのもあるが、
いきなり(派遣会社側が)因縁をつけて辞めさせられる事例もある」と、
まるで「労働基準法番外地」のようなケースを語る。

埼玉県から来た子供連れの若夫婦もパレードに参加した。
25歳の夫は勤労学生で派遣社員をしており月収は15万円ほど。
「生活はかなり厳しい」とこぼす。
「残業なしだと給料が安いので、やりたくないけど仕方がない」と週5−6日の勤務をこなす。
25歳の妻は現在求職中だが「(子供を)保育園に入れようとしても『仕事が決まっていないとダメ』、
仕事場は『保育園が決まっていないとダメ』という」と、
仕事をしたくてもできない苦境を語る。
夫は「子育ての支援が欲しい」と妻の心境を押し図るように代弁する。

現在、厳しい労働条件で働いている「ワーキングプア」同然のフリーターや派遣社員、
正社員は数多いが、声を上げたくても上げられないのが実情だ。
集会に参加して、生きにくい社会に異議申し立てしたくても
「バイトを休むと収入が減るので行けない」という若者も少なくない。

特に「就職氷河期世代」の若者の雇用情勢・労働環境は深刻だ。
好景気と言われて雇用は上向きと言われているが、
正規雇用は減り非正規雇用が増えているので、
正社員を目指した就職活動の厳しさは「就職氷河期」の頃と大差ない。
若者の雇用・労働環境の改善が早急に求められる。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。