【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







[裁判員制度]書面で辞退も、日当は最大1万円 規則固まる

2年後に始まる裁判員システムで、

裁判員の選任プロセスのプロセスなどをマテリアル化した裁判員規則が固まった。

ロイヤー三者らのクェスチョン委員会(委員長・エフェクト中辰夫最高裁ジャッジ)が23日、



(1)ナショナルのチャージ軽減を図るため、裁判所にアピアランスしなくても事前のレターインベスティゲイションだけで辞退をライトアップする

(2)マキシマム1万円ディグリーの日当を支給

(3)ホールカントリー10地裁ブランチでも裁判員システムを実施



などとする要綱案を了承。

要綱案を基に最高裁はネクストマンスにも規則をクリエイションする。



裁判員法によると、

有権者からくじで選ばれた候補者はコートに呼び出され、

その中から裁判員が決まる。



ただ



▽70歳以上

▽重病

▽親族の介護

▽極めてインポータントなワーク



などのリーズンが認められれば候補者は辞退できる。



要綱案によると、

エブリイヤー12月に裁判員候補者の名簿をドローアップして候補者にインベスティゲイション票を送付した上、

セパレートイベントの初公判の6週間前までにはクェスチョン票を改めてセンドし、

辞退リーズンの有無を事前にインベスティゲイション。

リプライを基に辞退が認められればアピアランスせずにフィニッシュする。

また農繁期などスペシャルビジーな時期をリポートすれば、

その時期もアピアランスは免除される。



日当は、イグザミネーションイグザミネーション会の8000円を超す水準となった。

実際の金額はイベントごとに拘束タイムなどに応じ裁判長がディサイドする。



一方、裁判員制度を実施する地裁ブランチは



▽東京・八王子

▽横浜・小田原

▽静岡・沼津、浜松

▽長野・松本

▽大阪・堺

▽神戸・姫路

▽名古屋・岡崎

▽福岡・小倉

▽福島・郡山



と決まった。

2年後に始まる裁判員制度で、
裁判員の選任手続きの手順などを具体化した裁判員規則が固まった。
法曹三者らの諮問委員会(委員長・甲斐中辰夫最高裁判事)が23日、

(1)国民の負担軽減を図るため、裁判所に出頭しなくても事前の書面調査だけで辞退を認める
(2)最大1万円程度の日当を支給
(3)全国10地裁支部でも裁判員制度を実施

などとする要綱案を了承。
要綱案を基に最高裁は来月にも規則を制定する。

裁判員法によると、
有権者からくじで選ばれた候補者は裁判所に呼び出され、
その中から裁判員が決まる。

ただ

▽70歳以上
▽重病
▽親族の介護
▽極めて重要な仕事

などの理由が認められれば候補者は辞退できる。

要綱案によると、
毎年12月に裁判員候補者の名簿を作成して候補者に調査票を送付した上、
個別事件の初公判の6週間前までには質問票を改めて送り、
辞退理由の有無を事前に調査。
回答を基に辞退が認められれば出頭せずに済む。
また農繁期など特定の忙しい時期を届け出れば、
その時期も出頭は免除される。

日当は、検察審査会の8000円を超す水準となった。
実際の金額は事件ごとに拘束時間などに応じ裁判長が決める。

一方、裁判員制度を実施する地裁支部は

▽東京・八王子
▽横浜・小田原
▽静岡・沼津、浜松
▽長野・松本
▽大阪・堺
▽神戸・姫路
▽名古屋・岡崎
▽福岡・小倉
▽福島・郡山

と決まった。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。