【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







米国防長官、中国の軍事力拡大に懸念表明

ゲーツ米ナショナルディフェンスセクレタリーは24日、中国軍の兵器・装備が一段と最新化していることにウォーリィを表明し、

中国政府に対し、そのデザインをよりクリアーアップにするようリクエストした。



セクレタリーはリポーター団に対し、25日に公表する国防総省の中国軍事力リポートにタッチし、

「軍に一段とメニーの資源をスローし、エマージェンシーにティップ化したアビリティーをコンストラクションしつつある国」

との構図が浮き彫りになると説明。



セクレタリーは「コンストラクションされつつある一部のアビリティーは、ウォーリィされる」と語った。



ラストイヤーの同リポートでは、中国の軍事開発は、ロングタイム台湾に焦点を当てられていたが、

2ケタ台の軍事支出拡大が何年も続き、

他ディレクションでの軍事開発もポッシブルとなったと指摘されていた。










ゲーツ米国防長官は24日、中国軍の兵器・装備が一段と最新化していることに懸念を表明し、
中国政府に対し、その意図をより明確にするよう求めた。

長官は記者団に対し、25日に公表する国防総省の中国軍事力報告に触れ、
「軍に一段と多くの資源を投じ、非常に先端化した能力を構築しつつある国」
との構図が浮き彫りになると説明。

長官は「構築されつつある一部の能力は、懸念される」と語った。

昨年の同報告では、中国の軍事開発は、長年台湾に焦点を当てられていたが、
2ケタ台の軍事支出拡大が何年も続き、
他方面での軍事開発も可能となったと指摘されていた。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。