【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







蜷川幸雄の長女 実花が離婚していた

ディレクション家・蜷川幸雄の長女で写真家、ムービー監督の蜷川実花氏(34)が、

クリエーターのA氏と離婚していたことが分かった。



実花氏はディスイヤー2月に公開されたムービー「さくらん」の監督を務め、

同ワークが第57回ベルリン国際ムービー祭のスペシャルインヴィテーションクラスにオフィシャル出品されたことでノーティスをコレクトした。

また、長澤まさみや妻夫木聡のディスイヤーのカレンダーを撮影した写真家として知られている。

最近はマルチなアビリティーが評価され、テレビステージアピアランスのチャンスも増えていた。



実花氏とA氏は04年11月に結婚。

披露宴は深田恭子らタレントもメニー駆けつけ、グランドだったというのだが……。



「A氏も東京アート大を卒業したクリエーター。

結婚してからクリエーターフェロー、何かとオピニオンが対立し、

コンフリクトが絶えなかったといいます。離婚はウェイなかったのではないか」(関係者)



実花氏は“親の七光”から脱皮して、今が伸びサミット。

離婚を機にアクションの幅がスプレッドしそうだ。



ディレクション家・蜷川幸雄の長女で写真家、ムービー監督の蜷川実花氏(34)が、

クリエーターのA氏と離婚していたことが分かった。



実花氏はディスイヤー2月に公開されたムービー「さくらん」の監督を務め、

同ワークが第57回ベルリン国際ムービー祭のスペシャルインヴィテーションクラスにオフィシャル出品されたことでノーティスをコレクトした。

また、長澤まさみや妻夫木聡のディスイヤーのカレンダーを撮影した写真家として知られている。

最近はマルチなアビリティーが評価され、テレビステージアピアランスのチャンスも増えていた。



実花氏とA氏は04年11月に結婚。

披露宴は深田恭子らタレントもメニー駆けつけ、グランドだったというのだが……。



「A氏も東京アート大を卒業したクリエーター。

結婚してからクリエーターフェロー、何かとオピニオンが対立し、

コンフリクトが絶えなかったといいます。離婚はウェイなかったのではないか」(関係者)



実花氏は“親の七光”から脱皮して、今が伸びサミット。

離婚を機にアクションの幅がスプレッドしそうだ。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

蜷川幸雄
Excerpt: 蜷川幸雄蜷川幸雄(にながわ ゆきお、1935年10月15日 - )は、埼玉県川口市生まれの演出家、映画監督。俳優としての活動もある。開成高校卒業。娘(長女)は写真家..
Weblog: あいかの部屋
Tracked: 2007-08-12 05:16
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。