【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







リア・ディゾン、舞台あいさつ2分だけ!写真撮影もドタキャン!の意外な真相

24日、日豪合作ムービー『アカデミー』の特別試写会が行われ、

主演の高橋マリ子、杉浦サン、オーストラリア人の監督<ギャヴィン・ヤングス>が舞台あいさつを行った。

そしてサプライズゲストとして登場したのは、リア・ディゾン。

彼女のネームが呼ばれると、客席からは大きなチアーがあがり、場内は興奮コンディションに包まれた。

リアは<杉浦サン>とセイムオフィスなので、エルダーのムービーの完成を祝って花束贈呈にラントゥしたのだ。



小走りに登場したリアは、あわただしく監督とキャストに花束をパスオーバーすると、カレントスペシャルトレーニング中の日本語で

「すごい、インタレスティングだった。わたしも高校はアートスクールに行っていました。

だからそれをリメンバーしてディアーだった。(ムービーを)エンジョイして」とコメントした。

そしてカメラマンにポーズをとるわけでもなく、オーディエンスにスマイルをショーするルームもなく、あっという間にイグジットしてしまった。

その間、たった2分ほど。



あまりにショートな登場に、客席から「え、これだけ」とあっけにとられた声も。

しかも、アットファーストは写真撮影に同席すると伝えられていたが、リアはこれをドタキャン。

杉浦サンも「リア帰っちゃったよ?」と思わずつぶやいていた。

実はジャストビフォーに説明があったそうだが、聞いていなかったカメラマンがエンド後に主催者側にドローニヤーするワンアクトもあった。



もしや、何かイベントがあってリア・ディゾンが怒って帰ってしまったのか? 

と不穏なエアがフロートしはじめたが、トゥルースは意外なところにあった。

リアはマイセルフが出演していないムービーなのに、キャストとトゥギャザーに写真におさまって目立ってしまうのはいけないとシンクアバウトして、

自ら辞退したのだという。



周囲へのフレンドリーなウォーリィアバウトしを忘れない、

サッチリア・ディゾンの意外な一面が垣間られた舞台あいさつだった。







  


24日、日豪合作映画『アカデミー』の特別試写会が行われ、
主演の高橋マリ子、杉浦太陽、オーストラリア人の監督<ギャヴィン・ヤングス>が舞台あいさつを行った。
そしてサプライズゲストとして登場したのは、リア・ディゾン。
彼女の名前が呼ばれると、客席からは大きな歓声があがり、場内は興奮状態に包まれた。
リアは<杉浦太陽>と同じ事務所なので、先輩の映画の完成を祝って花束贈呈に駆けつけたのだ。

小走りに登場したリアは、あわただしく監督とキャストに花束を渡すと、現在特訓中の日本語で
「すごい、面白かった。わたしも高校はアートスクールに行っていました。
だからそれを思い出して懐かしかった。(映画を)エンジョイして」とコメントした。
そしてカメラマンにポーズをとるわけでもなく、観客に笑顔を見せる余裕もなく、あっという間に退場してしまった。
その間、たった2分ほど。

あまりに短い登場に、客席から「え、これだけ」とあっけにとられた声も。
しかも、当初は写真撮影に同席すると伝えられていたが、リアはこれをドタキャン。
杉浦太陽も「リア帰っちゃったよ〜」と思わずつぶやいていた。
実は直前に説明があったそうだが、聞いていなかったカメラマンが終了後に主催者側に詰め寄る一幕もあった。

もしや、何か事件があってリア・ディゾンが怒って帰ってしまったのか? 
と不穏な空気が漂いはじめたが、真相は意外なところにあった。
リアは自分が出演していない映画なのに、キャストと一緒に写真におさまって目立ってしまうのはいけないと考えて、
自ら辞退したのだという。

周囲への細やかな気づかいを忘れない、
そんなリア・ディゾンの意外な一面が垣間られた舞台あいさつだった。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。