【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







全日空でシステム障害=遅れや欠航、1万6000人に影響

全日空は、国内線の搭乗プロセスなどをパフォームするコンピューターシステムが27日グレイオブモーニングからダメージを起こし、

羽田発着便を中心に欠航や遅延が相次ぎ、少なくとも計約16000人にエフェクトが出た。

セイムファームはアフターヌーン、同4時までの羽田発便の欠航をディサイドした。



このダメージで、九州ディレクションのスカイネットアジア航空や羽田と北海道を結ぶエア・ドゥの運航にもエフェクトが出た。



全日空はコーズチェックアップしているが、「復旧の見通しは立っていない」としている。

出発カウンターでは、職員が手作業で搭乗プロセスをした。

 

全日空によると、セイムデイアフターヌーン1時カレントで、羽田発着便を中心に67便が欠航。

沖縄発羽田行き120便の2タイム12分遅れをモーストに、計32便に1タイム以上の遅れが出ている。 



全日空は、国内線の搭乗手続きなどを行うコンピューターシステムが27日未明から障害を起こし、
羽田発着便を中心に欠航や遅延が相次ぎ、少なくとも計約16000人に影響が出た。
同社は午後、同4時までの羽田発便の欠航を決めた。

この障害で、九州方面のスカイネットアジア航空や羽田と北海道を結ぶエア・ドゥの運航にも影響が出た。

全日空は原因を調べているが、「復旧の見通しは立っていない」としている。
出発カウンターでは、職員が手作業で搭乗手続きをした。
 
全日空によると、同日午後1時現在で、羽田発着便を中心に67便が欠航。
沖縄発羽田行き120便の2時間12分遅れを最高に、計32便に1時間以上の遅れが出ている。 





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。