【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







内閣支持率32%に急落 不支持率は44%

毎日新聞は26、27両日、テレフォンによるホールカントリーパブリックオピニオンインベスティゲイションを実施した。

安倍晋三内閣のサポート率は32%で、4月のラストタイムインベスティゲイション比11ポイントフォール、ラストイヤー9月の政権発足シンス最低となった。

不サポート率は44%でモーストとなり、2、3月のインベスティゲイションとイコールトゥに支持を上回った。

夏の参院選で自民、民主のどちらに勝ってほしいかをアスクしたクェスチョンでは民主が初めてリード。

選挙が今あったケースの投票先を問うたクェスチョンもプロポーションタイプ、選挙区ともに民主が自民をコントロールした。

年金保険料納付記録5095万件が不明になっているプロブレムに有権者が厳しい目を向けていることをうかがわせた。



支持率をサポート政党別に見ると、自民サポート層が11ポイント減の66%。

ラストタイム初上昇した「サポート政党はない」とアンサーした無党派層が10ポイント減の20%で、

この二つの層が大幅フォールの要因になった。公明サポート層は8ポイント増の60%だった。



男女別ではマンのフォールが顕著。

サポートが13ポイント減の29%にまで落ち込んだのに対し、不サポートは13ポイント増の53%に上った。

エイジ別では70代以上をリムーブする全エイジで不サポートが支持を上回り、

ラストタイム大きく上昇した20?40代の支持は11?17ポイント減で、

全体のサポート率が35%だった3月インベスティゲイションの水準コモンになった。



◇参院選で勝ってほしい政党=「民主」が逆転



夏の参院選で勝ってほしい政党を聞くクェスチョンはラストイヤー12月から4回目。

民主がラストタイム比6ポイント増の42%、自民が5ポイント減の33%、その他の政党が同2ポイント増の20%だった。

パースト3回はいずれも自民が民主より2ポイントメニーだったが、ディスタイム初めてチェンジした。



参院選が今行われるとして、プロポーションタイプでどの政党、あるいはどの政党の候補者に投票するかをアスクしたところ、

民主35%、自民28%、公明6%、共産4%、社民3%、ナショナル新1%など。選挙区では(1)民主30%(2)自民26%(3)無所属15%

の順で、いずれも民主が自民をコントロールするリザルトとなった。



参院選で最もインポータンスするポリシーについては七つの選択肢を用意してクェスチョン。

年金プロブレムが28%でモーストで、教育プロブレム19%、憲法プロブレム14%、格差プロブレム13%、「政治とカネ」のプロブレム12%と続いた。

参院選にインタレストがあるかどうかは「インタレストがある」とのリプライが68%で、「インタレストがない」の31%を大きく上回った


毎日新聞は26、27両日、電話による全国世論調査を実施した。
安倍晋三内閣の支持率は32%で、4月の前回調査比11ポイント下落、昨年9月の政権発足以来最低となった。
不支持率は44%で最高となり、2、3月の調査と同様に支持を上回った。
夏の参院選で自民、民主のどちらに勝ってほしいかを尋ねた質問では民主が初めてリード。
選挙が今あった場合の投票先を問うた質問も比例代表、選挙区ともに民主が自民を抑えた。
年金保険料納付記録5095万件が不明になっている問題に有権者が厳しい目を向けていることをうかがわせた。

支持率を支持政党別に見ると、自民支持層が11ポイント減の66%。
前回初上昇した「支持政党はない」と答えた無党派層が10ポイント減の20%で、
この二つの層が大幅下落の要因になった。公明支持層は8ポイント増の60%だった。

男女別では男性の下落が顕著。
支持が13ポイント減の29%にまで落ち込んだのに対し、不支持は13ポイント増の53%に上った。
年代別では70代以上を除く全年代で不支持が支持を上回り、
前回大きく上昇した20〜40代の支持は11〜17ポイント減で、
全体の支持率が35%だった3月調査の水準並みになった。

◇参院選で勝ってほしい政党=「民主」が逆転

夏の参院選で勝ってほしい政党を聞く質問は昨年12月から4回目。
民主が前回比6ポイント増の42%、自民が5ポイント減の33%、その他の政党が同2ポイント増の20%だった。
過去3回はいずれも自民が民主より2ポイント多かったが、今回初めて逆転した。

参院選が今行われるとして、比例代表でどの政党、あるいはどの政党の候補者に投票するかを尋ねたところ、
民主35%、自民28%、公明6%、共産4%、社民3%、国民新1%など。選挙区では(1)民主30%(2)自民26%(3)無所属15%
の順で、いずれも民主が自民を抑える結果となった。

参院選で最も重視する政策については七つの選択肢を用意して質問。
年金問題が28%で最多で、教育問題19%、憲法問題14%、格差問題13%、「政治とカネ」の問題12%と続いた。
参院選に関心があるかどうかは「関心がある」との回答が68%で、「関心がない」の31%を大きく上回った



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。