【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







ファミマ全店でiD決済が可能に――ドコモとの資本・業務提携で実現

ファミリーマートとNTTドコモは28日、キャピタル提携、および業務提携に合意した。



ディスタイムの合意により、NTTドコモは6月13日デイトでファミリーマートの発行済み株式の3.0%に相当する普通株式293万500株を、

ワンセルフ株式の譲受により約90億円でゲインする。



また、ファミリーマートホールカントリー約7,000ショップのすべてのレジにて7月10日より「iD」決済をユーズポッシブルとする。



今後は、2008年5月末までに以下のサービスを展開するプログラムだ。



1.ファミリーマートホールストアーの全レジにおいておサイフケータイをユーズした電子カード「トルカ」をユーズポッシブルにする



2.ファミリーマートのマルチメディア端末「Famiポート」におサイフケータイ対応リーダ/ライタを搭載する



3.ファミリーマートのインターネットショッピングサイト「ファミマ・ドット・コム」でのiDネット決済を導入する



4.ファミリーマートのポイントカード「ファミマカード<クレジット機能付>」メンバー向けにiD決済をユーズポッシブルとするサービス「ファミマiD(仮称)」をオファーする



5.「ファミマカード」のサービスの一部をパーソナルエクスペリエンスできる「テストカード」をおサイフケータイに対応させた「テストケータイカード(仮称)」を発行する。



このほか、ドコモのクレジットサービス「DCMX」による「iD」ユーザー向けスペシャルフェイヴァーのオファーや、

全ファミマカードメンバーをオブジェクトとした「ケータイメンバー証」の発行、

ファミリーマートにおけるおサイフケータイを活用したCRMのコンストラクションなどが検討されている。



さらに、ファミリーマートショップの一部をアンテナショップとしてユーズするほか、

ショップと携帯テレフォンをコンバインしたテストマーケティング、iD優先レジの設置などを実施する予定だ。




ファミリーマートとNTTドコモは28日、資本提携、および業務提携に合意した。

今回の合意により、NTTドコモは6月13日付けでファミリーマートの発行済み株式の3.0%に相当する普通株式293万500株を、
自己株式の譲受により約90億円で取得する。

また、ファミリーマート全国約7,000店舗のすべてのレジにて7月10日より「iD」決済を利用可能とする。

今後は、2008年5月末までに以下のサービスを展開する予定だ。

1.ファミリーマート全店の全レジにおいておサイフケータイを利用した電子カード「トルカ」を利用可能にする

2.ファミリーマートのマルチメディア端末「Famiポート」におサイフケータイ対応リーダ/ライタを搭載する

3.ファミリーマートのインターネットショッピングサイト「ファミマ・ドット・コム」でのiDネット決済を導入する

4.ファミリーマートのポイントカード「ファミマカード<クレジット機能付>」会員向けにiD決済を利用可能とするサービス「ファミマiD(仮称)」を提供する

5.「ファミマカード」のサービスの一部を体験できる「お試しカード」をおサイフケータイに対応させた「お試しケータイカード(仮称)」を発行する。

このほか、ドコモのクレジットサービス「DCMX」による「iD」ユーザー向け特典の提供や、
全ファミマカード会員を対象とした「ケータイ会員証」の発行、
ファミリーマートにおけるおサイフケータイを活用したCRMの構築などが検討されている。

さらに、ファミリーマート店舗の一部をアンテナショップとして利用するほか、
店舗と携帯電話を結びつけたテストマーケティング、iD優先レジの設置などを実施する予定だ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。